毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 01月 30日 (月) 23:01 | 編集
河童の皿って、ネタ的要素だったの?!

な感じです。

今回も三蔵法師まで悟淨の皿で笑ってましたね・・・竜は空を飛び、妖怪が珍しくない世の中で、あの皿は、そんなに面白いのでしょうか・・・?

さて、四回目。
わたしが慣れてきたのか、出演者たちが乗ってきたのかだんだんノリが良くなってきたように思います。

須藤理彩の厚化粧には最初びっくりしましたが、お話も今までの中では一番好きです。
金魚の髪型(コスプレもの大好き)も大好きでした。
赤と黒のコントラストが際立ったメイクも、東洋的で好み。
須藤さん目が大きいから、黒目が引き立ちます。

悪女な金魚さん、大人な感じでよかったです。
強くてもろい女、でしたね~。
旅が終わったあと、悟淨と出会えるといいけど・・・

悟淨の過去が語られ、意外に(?)ロマンティックで純愛な悟淨の話に一同涙・・・。
悟淨が意外に男気に厚いキャラなのが発覚。
クールであって、クールでない。
一番大人だけど、それだけ悲しい思いも知っている・・・悟淨、カッコイイ!

カンフーもさすがに決めてきますね
悟淨と金魚の対決シーン、素敵でした。
金魚の袖から伸びる白い布が自在に動き、とても優雅で。
ちょっと「HERO」を意識したんでしょうか・・・

ていうか凛凛ちゃん、どうしてそんなことまで知ってるんでしょうね。
気になる~。

実は仙女だったりとかいうオチはアリでしょうか?

たとえば、三蔵法師を陰ながら応援している西王母さまの使いとかそんな感じの存在だったりして?
仙女としての記憶は微妙に封印してあるので、盗賊なんかしちゃったり、嘘吐きだったりしてお茶目な個性になっているという設定だったら、更に好みかも~(ヲイ)

前回も思いましたが、狂言回しにしても。ちょっと知りすぎです。

まぁ、全部妄想ですが。

それにしても凛凛ちゃん、相変わらず可愛い~。
衣装もキュートで、尚且つ背中もキレイでしたね♪
髪型も衣装も毎回変わる凛凛ちゃんは、見ていて楽しいわ。

今回、最後の締めを老師に持っていかれたご一行・・・
だんだん老師の絡む度合いが高くなってきました。
個人的に、老師大好きのでうれしいですが、はじめは最後のオチだけに出てくるキャラだと思っていたのに、話の半ばでもがんがん絡んで参りましたね。

いっそのこと、一緒に旅をしちゃえばいいのに・・・
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。