毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 10月 15日 (水) 16:28 | 編集
本日は映画の日。


水曜でレディースデイだしタイトルとサイトをみて気になっていた『落下の王国』を観にいきました。

なんつうか、微妙な映画だった。
自殺願望てんこ盛りの膝の怪我で入院しているスタントマンが、同じく入院患者の5歳の女の子に奇想天外な作り話をして気を引き、自殺に使う薬を調剤室から取ってこさせようとさせる・・・という内容(だと思う)なんですが・・・

その作り話が、女の子の意見や、男の気分によりころころ話が流れ(たまには名前さえも)が変わるし、実際は語っている設定だからか、かなり血みどろなシーンが多いし、設定や舞台も無茶苦茶。

作り話の部分は登場人物が演じてて、台詞は(英語の分からないわたしでもわかるほどの)棒読みになってて笑った。
5歳の女の子、アレクサンドリアは可愛かった。美少女ではなくて、ほんと子どもらしくて可愛い。
小さいうちからこんなに太ってていいのか?とちょっと思わなくも無い、足の太さだったりするけど・・・健気なんですよねぇ。
一生懸命で、純粋で、とってもチャーミング。

一方のスタントマンのロイはほんとダメダメで、絶望でぐっしょりなんですよ。
イライラを通り越して、いっそすがすがしいくらいに。
その男が語るから、彼の絶望に沿って物語がバッドエンドにどんどん向かっていくんだけど最後は・・・てな感じ。


映像はすんごくキレイでした。
世界遺産を幾つも回って撮影されたらしく、絶景の連続。
その絶景にはめ込まれる作りこまれたCG。
音楽も煩くなくて好感が持てました。
衣装も素晴らしかった。

ただなぁ・・・ちょっと血まみれなシーンが多いというか・・・わたしの個人的に勘弁、なレベルな物が多くて・・・物語に入りきれない。
もちっとソフトな方が良かったなぁ・・・。
ストーリー的には好みだったから・・・惜しいな。

映画 1,000円


今日はレイトショーじゃなかったから、早めに帰れました。
その代わり夕飯が後回しだったからハラペコリーナでしたけど。


本日は 1,000円 也
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。