毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 05月 04日 (日) 23:11 | 編集
本日は補修の日。

特にやることもなく・・・自室でちまちまり、と敷布団を補修してました。

未だにベッドじゃなく、床に布団を敷いて寝ているわたくしでございますが、敷布団の片面がボロボロで綿が見える状態になって久しかったんです。

捨てろよ、と思われる方が多いとは思いますが・・・基本、物が捨てられない人間です、わたし。
しかもこの布団、片面は羽毛で片面は羊毛というヤツで、便利なんです。
祖父の形見で貰ったものでもありますし。

対外的(?)にはカバーをかけておけば誤魔化せていたので、なかなか手を出さずに居たのですが・・・流石にまぁ・・・やるか、と思いまして、作業に取り掛かりました。


で、患部をしげしげと見てみれば、破れていた上にほったらかしたまんま(カバーはかけていたけど)寝てたので、それはまぁ酷い有様で、こりゃ、局所的に布を当てるなんて生ぬるいことでは納まらぬ、と諦めて片面にすっぽり別布を縫い付けることに。
幸い?布は腐るほどありますんで。

ちょっと考えた結果、以前ブラウスを縫ったカフェオレ色のギンガムチェックの木綿をあてることに。
これなら長さも調度くらいあるし、水通しがしてあるから水分で縮むってことももう無いだろうし。

長さを測って四方を折り曲げて・・・ひたすらまつり縫い。
今回はミシンでジャーっというわけにはいかず手縫いです。
ちくちくちくちくちく。

ひたすらまつって、5時間。
なんとか完成しました。
だって完成させないと寝られないから必死ですってば。

なかなか満足な仕上がりでした。
さらっとしたコットンが気持ち良い(カバーかけるから直接この上に寝ることは無いんだろうけど)。
片面だけ別物みたいで、新品ぽいなぁ、と自己満足全開。

なんとなく、気分が良いので次は布団カバーを製作したくなりました(単純)

そんなこんなの連休二日目。


本日は 0円 也


■本日読んだ本
有頂天家族有頂天家族
(2007/09/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

狸と天狗と人間のお話。
すんごく面白かった。
爆笑、しんみり、ほろりににやり。
むっちゃツボでした。
森見さんの本は音読すると面白みが増すので、ついつい音読しちゃいます(あほ? あ、全部はさすがにしませんよ)
文庫本になったら買おう(今回も図書館)
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。