毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 01月 20日 (金) 22:29 | 編集
夕飯が遅れたので、前半見れませんでした。

急いでTVつけたら、いきなり三九郎が腹黒全開でビビリました。

反対に傳介が非常に良い人間に見えました。
仏に見えました。

三九郎の子供を宿す阿国。
祝福される子供と誰にも祝福されない子供。
淀の城を見に行く途中で阿国は力尽き倒れ、探しに来た傳介に助けられる。

打ちのめされ、月夜踊る阿国を見たお松が、「もっと見たい」とせがむ。
客に喜んでもらう喜びをしみじみと実感する、阿国。
お松は阿国に憧れ、一座に加わる。

今回、お松ちゃんが可愛かった。
顔というより、声が可愛いです、この子。

楽しめばいいじゃないか」という阿国の言葉がよかった。
菊川玲の幼い顔と声が、妙にはまっていた。

先週も今週も阿国「開眼編」な感じですな。

きっと苦難の道なのだろうが、なにか明るい雰囲気がある。

その光のせいで、三九郎の悪さが際立ってます・・・・・・
でも、三九郎、色っぽいです。

お松ちゃんはきっと、阿国だけでなく三九郎にもたぶらかされたに違いない

マジで悪いヤツです。
三九郎と梅庵さまは。

来週は男女の修羅場ですなぁ・・・
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。