毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 01月 19日 (木) 21:57 | 編集
こわい、こわいよ、武田鉄矢!!
もうお願いだから忘れてくれ~~~


と心の中で叫びっぱなし

事件から7年。
まったくの他人として生きてきた二人。
あれほどお互いの幸せを望んだのに、
二人はけして幸せな人生を歩んできたわけではなかった。
むしろ強烈な孤独感に襲われていた。

そしてその孤独が二人を再び引き合わせていく。

画面からは会いたくて会いたくて、
いつかはきっと二人で歩んでいける日が来る、
そう信じているから・・・という二人の思いがにじんでくる。
せつない。

山田孝之君は黒の割合が多いと、とてもシャープに見えます。
影がよく似合う。
刑事を睨むナイフのような目。
雪穂を図書館で見つけたときの震えるほどの嬉しさと安堵の目。
目が良いねぇ。

綾瀬はるかちゃんは、泣きながら睨む眼が好き。

雪穂の養母役の八千草薫さんは、なんかもう別格です。
すばらしいの一言。

だんだん話が崩壊へと崩壊へとうなりを上げ始めました。
これから二人は蜘蛛の巣を振り払う羽虫のように、もがいていくことでしょう。

冒頭で判っているとおり、二人には手を繋いで歩ける未来など待っていない。

ただ、それだけを望んでいたはずなのに。
ああ、切ないなぁ。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。