毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年 01月 30日 (火) 23:18 | 編集
本日は映画の日。

ちょっとショッピングモールへ所用があったので、ついでに映画も見ちゃえ、と妹と映画デイ。
ほんとは、「幸福の食卓」が見たかったのですが、そこでは上映されておらず、「どろろ」を見ました。

なんつうか・・・・・・妻夫木くんのプロモーションビデオって感じでした。
うん、ごめん。
わたし、1,000円以上は出せないな、これ。

映像とかキレイで洒落てるなぁ(て、いくつよわたし)とは思うんですが、ストーリーがねぇ・・・・。
ダイジェスト版みたいで、イマイチ。
原作読んだことが無いので、なんともいえないのですが、ブレイブストーリーを見たときのようなあの戸惑いがありました。
時間が足りないの、すごく。
きっと丁寧に描かれていたら、壮大な物語で胸に迫るようなぐっとくる話なんだろうけど、だだだだだーっとやられれると、目で追うので精一杯。

ま、わたしが大作映画が苦手ということもあるのでしょうが。
地味な映画が好きなんです、どうも最近。

ああ、前半はかなりグロいです。
グロいの苦手な人・・・特に虫がダメな人は止めたほうが無難かもしれません。

確かに妻夫木くんは憂いを秘めた感じでカッコよかったです。
でもちょっとキレイすぎたかな。
ひどい戦いを経ているはずなのに、顔とか全然ボロボロにならないし、無精髭も生えない。
そこは乙女のドリー夢な場所なので、スルーなのかなぁ。

柴崎コウさんは・・・・頑張っている気がするんですが、どろろをやるにはちょっと年齢が行きすぎているのでは・・・と思いました。
もちっと20代前のユニセックスさが残っている時期の役者さんのほうが、良かったと思う。
ある理由からまだ女には戻らないというどろろですが、柴崎さん、完全に『女性』なんですもの。
それなのに、口調や仕草は悪ガキというか、悪童で・・・無理がありすぎる。
ああ、もしかしてそういう、どこかずれた存在なのかしら、どろろって。

山葵的今回の映画で一番は、琵琶法師の中村さんでした~~~~vvv
すっごい素敵でした。

あと、多宝丸の瑛太くんも可愛かったかな(ていうか、瑛太くんが好きなだけとも言う)

ぶっちゃけ、主人公は百鬼丸ではなくて、醍醐景光な気がしないでもないんですが・・・・これってどうなの。

あ、でも映像とか音楽とかは好みだったので、映画館で見たい作品ではあるなぁ。

映画 1,000円

夕飯 1,554円
帯揚げ 2枚×1,050円

本日は 4,654円 也
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。