毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年 01月 29日 (月) 23:08 | 編集
わりと、さらっと見ました。

なんというか、ボリュームに対して放送回数が少ないのかしら?
いろんなことがすっ飛ばされている気がするんだけど。

原作読んだことが無いので、なんともいえませんが、ええ?もうこんな展開?みたいな、いわゆる説明不足な感じがします。

だってさぁ、銀平とお見合いした安田万樹子さんが、いきなりもう銀平に夢中というか、メロメロなんでございますよ。
そんなもんなの、上流階級のお見合いって・・・貧乏人のわたしにはわかりかねますですわ。

その万樹子さん、お見合いの後ほったらかしにされていた銀平からホテルに呼び出され、ほいほい訪ね、いきなり平手打ちをかましたと思ったら、抱きつきそのままベッドイン。
しかも事後、処女じゃなかったのがバレたり、「良い家庭をつくります」とすがってみたり。

え~~~~~~~!!
どういう、脳内構造だとそういうことになるわけ?????
わからん・・・

確かに山本 耕史を前にしたらメロメロにならなくもないですが(なるんだ!? ええ、なりましょうとも)、話的に繋がりがおかしい気がするんですけど。
もちっと手順というか、感情の動きとか、やりとりとかあってもいいんじゃないかなぁ、と思いました。

とりあえず、銀行員の死さえ材料に伸し上らんとする父を畏怖し、手駒になるしかないと諦めの境地に至って、渋っていた結婚に踏み出すしかないと、半ばヤケッパチになった銀平、というのはわからんでもないのですが、万樹子さんの思惑って何も無いわけ?

家柄も良くて仕事も出来て、顔も良かったので、もうメロメロ、で良いのですか??????

などといっていたら、鉄平のお話が出来なくなるから割愛なのだろうか・・・・・・むぅ。

で、鉄平さんでございますが、ヤケッボクイ疑惑発生。
前回あんなに余所余所しかった鶴田芙佐子と再会。
で、「てっちゃん!」とかいきなり昔の呼び名で呼ばれていたり・・・。
いくら不幸な誤解が解けたからといって、こっちもいきなりこれかい!!
そのてっちゃんも、「ふっこ」とか呼び返してみたりして。


で、仕事のほうはなんとかかんとか融資をかき集めました。
どうせ、すんなり高炉は立たないんだろうねぇ・・・。

さて、どうなることやら。

来週は次子さん四四彦さん問題勃発ですな!

Comment
この記事へのコメント
>Kazumiさん
こんにちは♪
>それをされると今後益々薄っぺらに見えてくるきがしているのですが…(汗)
ほんとですよね。
ある程度は仕方が無いのかもしれませんが・・・唐突過ぎるのはちょっと、と思います。
家族内の対立を描くなら、もう少し掘り下げてくれたほうがいいような。

>とりあえず面白い動きの鯉を楽しみに見続けている私です。
あの鯉、一見の価値ありですよね~
(笑)
2007/ 01/ 31 (水) 16: 23: 34 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
こんばんわ。
感想、楽しく拝見しております♪
このドラマって、感情の機微が余り描かれていないような印象を受けますよね。
コレからも多分色んな事件(?)が予定されてるから細かい所は割愛。という感じなんでしょうか?
それをされると今後益々薄っぺらに見えてくるきがしているのですが…(汗)
とりあえず面白い動きの鯉を楽しみに見続けている私です。
2007/ 01/ 30 (火) 20: 18: 23 | URL | Kazumi # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
お池の将軍さまはどうしたのっ!?
2007/01/30(火) 20:29:23 | sigh.
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。