毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 01月 10日 (火) 22:18 | 編集
転職という言葉をテレビなどで耳にしますが、よくあることなんでしょうか?
転職というのは。

友人の一人は何度も職を変えています。
ここ二年くらいは同じ職場にいるようですが。
どうも一つのところに落ち着かない性質みたいです。

わたしは特に何か手に職を持っているわけでもなく、自宅から近い会社の事務員としてぼつぼつ働いております。
きっと世間一般から見たら非常にヌルイ職場なんだろうと思います。
少しだけパソコンが使えるということで、のうのうと仕事をしておりますが、わたしよりもパソコンを使える人間は腐るほどいるだろうし、労働意欲の高い人もたくさんいる。
そう考えると、わたしは大丈夫かなぁ、と時々怖くなる。

いま、放り出されてわたしは別の仕事を探せるだろうか?
このヌルイ職場に慣れたわたしは、ちゃんと社会生活を送れるだろうか?
と思ってしまいます。

とっくに婚期もがっつり逃がしておりますし、結婚する予定もまったくないし、一生食っていくだけのスキルもない。
親の脛を齧って、お給料はお小遣いとしか思ってない。

こんなことではいけないと思っているのですが、なかなかぬるま湯からは抜けれない。
こんなことを書いている自分も、これで免罪符としたいと思っているのかもしれない。

きっとわたしは突き落とされたことが無いんだろうな、と思います。
…突き落とされても困るけど。

学生の頃から、やりたいことが見つからない。
やりたくないことでも仕事に出来る。
お金もお小遣い程度なら稼げる。
そんな自分が、やはり嫌です。

別にやりたいことを仕事にしなくちゃいけないということは無いんです。
やりたいことが無いという漠然とした自分の存在が嫌なんです。

なんとなくのんびりと暮らして生きたいと思う反面、生意気にも生きる張り合いも欲しいのです。

平和な世の中の贅沢な望みなんでしょう。
甘やかされた人間の戯言なんでしょうね。

わかっている。
わかっていない。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。