毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 05月 28日 (日) 21:30 | 編集
狂気の館にご招待・・・。

濃から密会の御文やら、何やらで随分と心労甚だしいご様子の光秀殿・・・。
濃ゆい夢でうなされちゃってまぁ、お気の毒というかなんというか。
光秀の中ではアアイウイメージなんでしょうかね、信長様って。
黒魔術っぽい、感じでしょうか?
まぁ、魔王だし、仕方ないか。

なんつうか、もう、いいです。
濃姫・・・

まぁ、夫の変わりように混乱してるからかもしれないけれど、彼女の視線も言葉も本能寺の変を匂わせていて、勘弁して! て感じ。

まぁ、どうなることやら・・・と思いきや、一豊と千代のイチャイチャパワーに中てられて、なにやら初心を取り戻した様子。
ちょっとほっとしました。

でも、今回の信長&濃は基本的にラブラブに見えるんですが。
信長はついつい濃の前ではオイタをしちゃう子供に見えるというか。
濃以外の前ではあんな駄々っ子のようなところ見せないと思うんですよね。
今回の信長と濃も、なんだか空威張りする信長が可愛く見えちゃったんですけど・・・
濃も自分がテンパっているせいか、そのヤンチャについていけない様子。
でっかい(つーか老けた)子供だな~とか微笑ましく見てしまえ、いっそのこと! な気分になりましたです。

さてさて今回とうとう、「内助の功」が出て参りました。
黄金10両の馬(この時代から、貨幣の単位が両だったんだ~、無知な驚き)が馬市に出ており、一豊は一目ぼれ。
しかも、自分で値をつけちゃいました~。
だが、貧乏で喘いでいる山内家にはそんな財産があるはずもなく、溜息吐息。

その様子に千代は伯父から貰ったお金を思い出し、慌てて取りに行き、これで馬を買ってください、というが、しばしの呆然のすえ、
「お前は小賢し過ぎる」と暴言(?)を
続く押し問答の末、泣き始めた千代に白旗を上げたのは一豊で・・・

いやぁ、大爆笑。
八つ当たりをしたまでは良かったけど、どんどんそわそわし始め、もしかしてヤバイかも? もしかしなくてもヤバイかも?と冷や汗をかき始める一豊さま・・・・
良かった
一豊的にどうよ? という突っ込みはおいといて、素直に面白かった。

いったいいくつなんでしょうかねぇ、一豊さまてば。

信長様も濃姫に甘えまくり(妄想フィルターすかさずON)だし、今回、「殿様甘える」の回だったのでは!?
と思ってしまったのでした。

それにしても、一豊がアホ過ぎる・・・
いいのか、一豊、お前はギャグ担当なのか!?

ラストの信長に褒められているところも、千代の行動の真意を信長に指摘されてようやくわかるし・・・。
千代が小賢しいんじゃなくて、お前が馬鹿すぎだろ~~!!!となんど突っ込んだことか・・・。

まぁ、これから? ですよね、たぶん。
彼的に。

今週の千代さん
妄想フィルターを通すと、彼女もかなりの策士・・・・。
いや、きっと素直で夫思いのよき妻、かわいい人なんでしょうが・・・。
「小賢しい」といわれてからの行動が、どうも演技のように見えて仕方ありませんでした・・・。
おたおたする一豊に拗ねてみせるあたり、が、ね?
いや、あれは可愛いシーンなんでしょうね? きっと。
すいません、純真キャラ苦手なんです~~~~~、、、

今週の濃姫
なんだかんだいって、結構、光秀絡み以外では、好きです。
とぼとぼ街を歩いているシーンとか、こっそり痴話喧嘩を盗み聞きしているシーンとか、可愛いったら。
こう、お嬢様~~~~~な感じがなんとも。

来週は・・・カウントダウンでございますね、とうとう。
Comment
この記事へのコメント
>ウェンズデー先生さん
こんばんは。

>めずらしく一豊が千代にビシッと言ったと思ったら、
>結果、千代に手のひらでコロコロリン・・・。
ねぇ?
見ていて面白かったといえば、たいそう面白かったんですけど。
どんどん一豊の手柄が千代に行っちゃってて、それをみんなが認めてて・・・実力が認められてるのは、良いことなんだけど。
一豊的にはどうなんでしょうね。
結構、あれは本音じゃなかったのかと思います。

>もうひとつギモンがあるのですが、どうやってお城から出て帰っていったんでしょうか?
>中継地点があるんでしょうかね。(笑)
やはり、これはお姫様ロマンスの定番! 腹心の侍女かなんかがいて、手引きしてるんじゃないかしら! とかどきどきしてみたり(笑)
でも、やはりあれくらいの地位の方だとなると、独りでは出て来れないとは思います。
誰か侍女が独りでも一緒に来るのが自然じゃないかなぁ。
2006/ 06/ 05 (月) 03: 56: 47 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
泣き落とし?
めずらしく一豊が千代にビシッと言ったと思ったら、
結果、千代に手のひらでコロコロリン・・・。

わたしもちょっと千代、すこ~し、小賢しいぞ感がありました。
叱られて泣いても、ちょっと裏を考えてしまいましたぞ、ハイ。
でも千代は最初は『一豊サマ~すきすき!』でしたがいつからこういうスタイルになったのでしょうかね?
メオトになって生活すると、こうなるんでしょうか。

和久井映見さんの濃姫さま、可憐でいいですよね。
初め地味かな?と、失礼にも思っていましたが(大失礼!)
やはりこの人は上手い。

もうひとつギモンがあるのですが、どうやってお城から出て帰っていったんでしょうか?
中継地点があるんでしょうかね。(笑)


2006/ 06/ 03 (土) 14: 20: 07 | URL | ウェンズデー先生 # -[ 編集 ]
>くうさん
こんばんは。

>だって、光秀様、もうその気だもん。あんな夢見ちゃって
そういわれてみれば、そうですね。
彼女にとっては一時?の気の迷いかもしれないけど、かなりの大事になってしまって、取り返しのつかないところまで光秀を追い詰めてますね。
今回の光秀さま、信長&濃の夫婦コンビで追い詰められていて、すごく大変そうです。

>濃に対する信長は、おいたが過ぎると思います。
わたしもそう思います。
やはり子供がやるのと大人がやるのとでは、いろんな面でちがいますし・・・
DVの一線越えてますね、精神的な。
正直、最近の信長&濃には妄想フィルター掛けないと痛すぎて見れないというか・・・。
信長の最期としてはちょっとなぁ、ていう理由付けに振り回されている感がなきにしもあらずです。
2006/ 06/ 02 (金) 04: 07: 10 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
濃が。。。
本能寺を引き起こすって感じになっちゃって。。。
今さら改心しても遅いような気がします(--;)
だって、光秀様、もうその気だもん。あんな夢見ちゃって。
濃に対する信長は、おいたが過ぎると思います。
あれじゃ、ちょっとしたDVですよ~。。。
2006/ 06/ 02 (金) 02: 13: 52 | URL | くう # -[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/ 06/ 01 (木) 07: 03: 37 | | # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この夫婦の逸話で一番有名な、黄金十両の馬を買う話でした。しかし、ヘソクリを一豊の前に差し出し、これで馬をお求めください。と言った千代は、一豊から、「今まで高見からワシを見て笑っていたのか」「こざかしい女」「情の恐いおなご」と怒られてしまいます。千代は、..
2006/06/02(金) 02:11:20 | 見取り八段・実0段
この回から加藤清正が登場!(ドラマストーリーの配役には三成と正則の配役は出てましたけど、清正は、誰が演じるのかと思ってたんですよ。)中村、堀尾、一豊、清正の4人が揃う絵もなかなかいい。「馬」のお話が来ましたね。亡くなった不破の伯父様が回想シーンで登場し..
2006/05/31(水) 18:36:58 | カクテルライト(Cocktail-light)
今回のお話が「功名が辻」の中では一番有名なエピソードでしょう。1581年の『信長馬揃えの儀』。織田信長が自身の権勢を朝廷に見せつけんが為に企画したこのパレード。おそらく信長がこの馬揃えを企画しなければ、千代という人物はここまで有名にはならなかったでしょう
2006/05/29(月) 17:00:07 | 必然的なヒストリー
昨日行ってきましたブタADとのラブラブ?デート。ちょっと高めのイタリアンでしてその後、帰ろうとしてるからに付き合わせて飲ませまくり(笑)
2006/05/29(月) 02:18:09 | まや
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。