毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 05月 21日 (日) 21:29 | 編集
今回は「迷うが人」のタイトル通り、迷う人々の話。

一豊さまは、兵糧攻めを経験し、戦とは? 武士とは?と今まで以上に悩みだします。
その苦悩を偶然立ち寄った光秀に漏らしますが、人は迷うもの、自分も迷い続けている、といわれ、少し浮上。
「迷わぬのは上様だけ」
の言葉が寂しい。

その上様、松寿丸を殺せと命じたくせに、いざ勘兵衛がいきていると、「会わせたかった」といけしゃあしゃあといっちゃうあたり、よくわかりませんでした。
しかも涙ぐんでるし。
一豊が「実は生きている」というと、いよいよ涙をこらえ「早く会わせてやれ」という。
一豊に罰は下されなかった。
信長は迷わない、のではなく、迷ってはいるがそれを見せない。
それだけなんで無いだろうか。
独りで悩んで独りで決断を下す。
そこには誰かの入る隙は無い。
迷わないのではなく、他人が信じられない、そんな感じだと思う。
口を開くのが決断した後だから、迷っていないように見えるのだろう。

信長といえば、濃と光秀のプラトニックラブにお気づきの様子でしたね。
あわわわわ。
予告でも濃と光秀密会してたみたいだし・・・。
どんどこ信長は人間不信まっしぐらのように思えます・・・。

小りんちゃんが、出てきましたね!
でも、兵糧攻めに巻き込まれて、飢えで目をやられズタボロです。
「太陽の下を生きていくっていったのに!」
と兵糧攻めに加わった一豊を責める。
間抜けだけどまっすぐでやさしい一豊が好きだった小りんの叫びは、理想と現実の違いに苛まれていた一豊の心の叫びでもあったのでしょう。
吉兵衛に、こんなやせ衰えた姿では一豊に会いたくない、という小りんちゃんは、いじらしかった。
千代とは別次元ですが、彼女も一豊をいろんな意味で、教え助ける女性なんでしょうね。
今日の小りんちゃんで、長澤まさみちゃん大好きになってしまったかも・・・

吉兵衛の、新一郎にいった「あの城の中には退屈している者はいない」「これも勝ち戦だ」が重かった。
華々しさも、武功もなにもなく、ただ飢えと渇きと苦しみしかなかった戦。
これから秀吉はこの兵糧攻めを何度も何度も使うということなので、なんとも胃が痛い話だ。
確かに、味方の戦力は温存されるだろうけど・・・。
死者は、もしかしたら少ないだろうけど・・・
後味は最悪だろうな。

一豊がいろいろ考え出してくれて、半兵衛さまが亡くなり、見る気がちょっと減退していましたが・・・、面白くなってきました。
今までの一豊さま、ちょっとズレてたきがするんだもん・・・


半兵衛さま!!! といえば、もう、感激してしまいました。
彼は死してもなお、人を生かします。
彼が六平太に勘兵衛の生死を探らせたお陰で、松寿丸も助かった。
そのことで、一豊も秀吉も勘兵衛を失わずにすんだ。
秀吉の軍勢の取ってこれほどありがたいことは無いだろう。
嗚呼、半兵衛さま(感涙)、、、

来週は、ついに有名な馬を買うエピソードが出てきますね!
しかもなにやらいろんなところで夫婦の問題が勃発か?
楽しみですね~~~。
Comment
この記事へのコメント
>りっきーさん
こんばんは

>小りん、どうなるんでしょうね・・・。
>失明では忍びは無理でしょうし・・・。
ほんとすごく心配です。

>一豊家で養ってあげるのも一つの手では??
それはそれでデンジャラス(笑)・・・・・・でも、なんとなそうなったら、新右衛門一家が慰めてくれそうな気もします。
なんだかんだいって新右衛門はやさしいし、気がつきますし。
2006/ 05/ 22 (月) 23: 11: 35 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
山葵さん、こんにちは!
小りん、どうなるんでしょうね・・・。
失明では忍びは無理でしょうし・・・。
一豊家で養ってあげるのも一つの手では??
う~ん、予想外の展開でした。。。
2006/ 05/ 22 (月) 12: 42: 51 | URL | りっきー # -[ 編集 ]
>琉河岬さん
こんばんは。
こちらこそよろしくお願いいたします<(_ _)>、、

>私も松寿丸が生きていると知った時の信長の態度に疑問を持ってしまいました
あのシーンは、正直よくわからないです。
こんな感じなのか、と思うには信長の心情シーンが少なすぎて。
ある意味冒険のようなシーンだと思いました。

>このドラマでの信長は自己完結っぽい人物なのでなかなか他人には理解され難いのかもしれませんね。
>それが光秀に誤解されたのかも・・。と勘ぐってしまいました。
濃姫も「皆が上様の心をわからず苦しんでおります」といっておりますしねぇ・・・とても複雑です。
自己完結してしまうには信長の周りにはあまりに人が多すぎて、さらに彼の影響力は大きすぎたのが不幸の始まりだったのでしょうか。
2006/ 05/ 22 (月) 00: 14: 10 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
>くうさん
こんばんは。

>忍びなんだから出られなくなるなよ。。。と思います(--;)
確かに・・・六平太は出てきてましたし・・・。
六平太は非常に優秀な忍という感じがするんですが、小りんはそうでは無かったのかなぁ。

>信長、嫉妬で光秀に当たり、本能寺。と言う図は、好きじゃないです。
>そんなくだらない事で本能寺って起きたんじゃないと思う(--;)
わたしも思います。
なんだか、光秀と濃との関係をあそこまでひっぱってくるのは、な、て思います。
匂わす程度ならまだしも、本能寺に絡めようとするのはあまりにも下世話な気がするので。
昼ドラじゃないんだし・・・

2006/ 05/ 22 (月) 00: 00: 19 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
>てれすどん2号さん
こんばんは。

>ドラマの中で死んだ人を想うことがあってもいいとおもいますね
同感です。
それだけ気持ちの中に残っているということですもの。
小りんちゃん・・・なんとか復活してくれないかなぁ。
2006/ 05/ 21 (日) 23: 54: 26 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
どうもこんばんは!

>口を開くのが決断した後だから、迷っていないように見えるのだろう。
私も松寿丸が生きていると知った時の信長の態度に疑問を持ってしまいました。そしてその後の佐久間、林の追放劇。このドラマでの信長は自己完結っぽい人物なのでなかなか他人には理解され難いのかもしれませんね。
それが光秀に誤解されたのかも・・。と勘ぐってしまいました。
これからもよろしくお願いします!
2006/ 05/ 21 (日) 22: 56: 57 | URL | 琉河岬 # -[ 編集 ]
こんばんわ~♪
小りん。。。じゃなかった長澤まさみは良い演技してましたよね♪
でも、目は治るんだろうか。。。
って言うか、忍びなんだから出られなくなるなよ。。。と思います(--;)
信長、嫉妬で光秀に当たり、本能寺。と言う図は、好きじゃないです。
そんなくだらない事で本能寺って起きたんじゃないと思う(--;)
2006/ 05/ 21 (日) 22: 45: 16 | URL | くう # HYyagAN6[ 編集 ]
コメども!!
僕もドラマの中で死んだ人を想うことがあってもいいとおもいますね。半兵衛さましかり、もう小りんも語られることさえないのか、、、悲しい限りです。僕がいろいろ未練が多すぎるのかなあ~~(笑)
2006/ 05/ 21 (日) 22: 09: 00 | URL | てれすどん2号 # eYj5zAx6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
&nbsp;&nbsp; 信長は怖い!!!!&nbsp;&nbsp; 恨みはらさでおくべきか~ by●●●
2006/05/22(月) 22:54:14 | 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
人なれば迷う。迷わずつき進む信長。その迷いのなさに迷う一豊。
2006/05/22(月) 22:50:56 | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
当日にUPしようと思っていたのですが、出かけないといけなくなって帰宅してからBS-2の放送を見たんですよ~。よねタンと松寿丸@官兵衛息子が庭で無邪気に遊ぶシーンで始まったのに(よねタンの「めおと」ってなぁに??に癒されるなぁ)ドラマの内容は少々、きつかった。..
2006/05/22(月) 17:46:43 | カクテルライト(Cocktail-light)
 第20回「迷うが人」。「武士とは何ぞや?」 ずっと迷っている一豊様(上川隆也)。 松寿丸を斬らねばならぬ上意。 三木城の兵糧攻め。 小りん(長澤まさみ)の叫びがさらに一豊を迷わせる。 三木城から脱出できず、飢え苦しむ人と共に苦しみ、視力を失った小りんは
2006/05/22(月) 11:06:00 | 平成エンタメ研究所
 今回の功名が辻・第20話は前回の有岡・三木城攻めから舞台は始まりました。 前回、荒木村重の説得を試みて旅立ち、行方知れずとなってしまった黒田官兵衛。寝返ったものと判断した信長は、嫡男・松寿丸を殺すよう命じます。  この下りですが、今回のドラマではお千代さ
2006/05/22(月) 08:39:09 | りっきーのブログ日記
{/shootingstar/}オープニング毛利攻めには播磨に拠点を築くのが絶対条件。秀吉が播磨に入ったときは、ほぼ播磨全域を手中に治めていたものの別所長治の謀反に続いて周辺の豪族も毛利に寝返ったそうです。摂津の荒木村重の謀反もあって、いつ背くかわからぬ播磨の武士達の中
2006/05/22(月) 07:30:05 | ななさんにトラックバック(仮)
まずオープニングの登場人物のクレジットを見て驚き荒木村重はどうした!?今回大きなキーパーソンなのに出番無しかい!?哀れベンガル・・・そして松寿丸(後の黒田長政)を匿う役目が竹中半兵衛ではなくなぜか一豊様と千代の役目に。そういえば半兵衛様、回想シーンすらな
2006/05/21(日) 22:57:40 | 必然的なヒストリー
織田方の人質となり、千代に預けられていた黒田官兵衛の子、松寿丸は千代の機転によって命を救われた。千代がいなければ、一豊は秀吉の「消せ」と言う命令通り、松寿丸の命を奪ってしまっていたらしい。。。秀吉の命令は「殺せ」ではなく、「消せ」と言う事だったらしいが..
2006/05/21(日) 22:41:41 | 見取り八段・実0段
今年の大河ドラマ歴史的な縛りが少ないせいか、回を重なるに連れて「何でもかんでも一豊家中心」の展開になってきました。どうも話が出来すぎです。これだけできすぎ君状態では脚本家の方もキット楽でしょう。話が出来すぎ君その?黒田官兵衛幽閉の話は有名だけど、....
2006/05/21(日) 22:06:18 | ぱるぷんて海の家
信長の目にも涙があったのか、、、。人間やねんなあ。一豊の一存で、謀反の疑いをかけられた黒田官兵衛の人質の息子を殺す、その命にそむいて切腹覚悟に信長に進言。ひともんちゃくあろうと思ったが、「官兵衛と松寿丸を会わせよ」と涙する一面。これから信長の人間らしさ、
2006/05/21(日) 22:05:40 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
迷うが人、ですか。でもあんまり迷ってばかりいられても困っちゃいますし、迷いながらも、えいや!って突き進まなければならない戦国時代でございます。つくづく、大変な時代ですねえ。
2006/05/21(日) 22:03:53 | 真田のよもやま話
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。