毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 05月 07日 (日) 23:31 | 編集
今週の信長さまはマリンテイスト・・・。
お洒落なミドル代表織田信長さまは、赤と白とネイビーできめておりました。
この時代にこの色使い、信長さまの思い切りの良さ、新物好きがよく出ているお着物でした。
館さんには正直がっかりではありますが、信長さまのファッションはなかなか見応えがあります。
一人だけ鮮やかで結構好きです。
他の人の着物は草木のテイストが感じられるのに、信長様の着物だけは彩度が高いです。

さてさて・・・今週は(あくまで山葵的に)半兵衛さま大活躍!!!回でございました。
「策略ではありません、生きるための知恵」
彼の知恵の根源なのでしょう。
そして千代が彼から学んだ要といいますか。
この言葉が後々彼女にどう影響するのか・・・。
生きるため生かすために彼のタダゴトではないおつむは動くのでしょう。
ミスターミントグリーンな半兵衛さま、お庭に引いた小川の水を掬う横顔が端整でございました(うっとり)。

ああもう、わたし今回、前半の半兵衛さまで大興奮・・・最後のほうちょっと抜け殻気味・・・なところに最後で中国へと出陣で再び興奮。
黒光りする鎧が重そうで、痛々しい。
先週、立ち上がるのもやっとだったもんなぁ・・・先週よりは多少元気そうなので静養の甲斐があったのでしょうか。
でも病の身である半兵衛さまに遠征はまさに死にに行くようなもの。
よねの泣き声にそっと千代を振り返る眼差しが切ない・・・。

今週の一豊さま
一豊が呟く・・・
「わしのあたまが悪いせいかのう・・・」
ようやくきがついたのか!!!(いや気がつくだけ偉いのか)
ていうか、お前がそう育てたのか、吉兵衛!!!

ていうか、今回も一豊さま、良いところ無かったなぁ。
秀吉に松永弾正を説き伏せて来いといわれ、何とか成功・・・と思いきや、失敗。
少々?ヘコミ気味の夫に妻の一言、
「戦場だけが男の居場所ではありませんよ」
なんかさぁ・・・一豊のダメダメっぷりを身内全員で宥めて誤魔化して甘やかしている気がするのはわたしだけでしょうか?

そろそろ、なんでこの人が主人公なんだろう? なんて思い始めて参りましたよ。
まぁ、人間、信長や秀吉みたいに抜きん出た人間ばかりいるわけじゃないし(むしろいないって)、駄目なところもあるけれどそれを家族全員で盛り立てて頑張る、サクセスストーリー的なドラマなのかもしれないけど(わたしのフィルター曇りすぎ)。
策略家には向かず、さりとて戦で人を殺めることに迷いを捨てきれず・・・ちょっと最近はどっちつかずですね。
なんとか仕事はしているみたいですが。

仕事に悩みだした企業戦士な、感じな一豊さまです。
そう考えると、スケールが小さくて良いのかな、と元来地味なわたしは思いなおしてみたり。

一豊さまって迷いまくっておりますが、もし千代がいなかったらどうなってたんだろうなぁ・・・とかちょっと思います。
早々と小りんちゃんと逃げてたりして。
・・・まぁぶっちゃけ千代がいないということは六平太の助けが得られない、ということだから、このドラマでは早いうちに死んでいたでしょうね。


さて、今週の燻し銀、生きていること自体辛い明智光秀さん
濃姫と明智光秀・・・幼き日の可愛らしい恋というか焼けぼっくいに火がつきそう・・・?
大人のラブシーンでしたねぇ。
実際にどうこうではなく、少し顔を寄せて見つめあい、光秀の肩に落ちた紅葉をとる、そのシーンに妙にドキドキしました。
くあ~~、なんかいいよ。
いつも賢そうに輝いている黒目がちな瞳が一瞬暗く蠱惑的に光り、深い色の唇も誘っているかのように持ち上がる。
戸惑いながらも魅せられる光秀・・・
いいね!! 妄想が膨らみます。
というか、本能寺の変を裏で焚き付けてしまったのは、濃姫・・・という匂わせなのでしょうか。
信長の変化に危機感を募らせ、いっそのこと壊そうと思ってしまったのか。
光秀を見上げるあの顔・・・今回の大河は清純で淑やかな濃姫だなぁ、と思っていたのを覆されたような感じがしました。
なかなかの悪女ぶり。
女が動かす戦国時代・・・ということなんでしょうかね?



さてさて・・・ついに来週半兵衛さまがお亡くなりになるようです・・・・・・・・・(涙)
来週は見逃せません。
Comment
この記事へのコメント
>ミチさん
こんばんは。
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます。

>大やはり世は戦国ですのでなんとか気を取り直して頑張って欲しいものです!
もっと戦のシーンがあれば活躍場面が多いのに・・・て思うんですけどねぇ。
生き残った人の話・・・だからでしょうか。

>私は妄想体質なので(爆)直接的なラブシーンよりも思わせぶりな今回のような光秀&濃姫とか千代&一豊とかの描き方がありがたいわ~。
わたしもです~~。
あの光秀&濃姫は妄想爆発でした(屍)
妄想体質(笑)にはかなりのいい演出だと思いました。
2006/ 05/ 10 (水) 02: 00: 42 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
TBありがとうございました
こんにちは♪
大河の主人公はここ数年悩める人物が多いのでちょっとイライラさせられていますが、やはり世は戦国ですのでなんとか気を取り直して頑張って欲しいものです!
私は妄想体質なので(爆)直接的なラブシーンよりも思わせぶりな今回のような光秀&濃姫とか千代&一豊とかの描き方がありがたいわ~。
2006/ 05/ 09 (火) 09: 16: 39 | URL | ミチ # 0eCMEFRs[ 編集 ]
>りっきーさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

>濃姫と光秀のシーン、おもわずドキッとしてしまいましたね。
>他局のドラマのラブシーンに負けていないのでは??と思ってしまいました。
ドキドキしましたねぇ。
あからさまにキスするとか抱き寄せるとか、そういうのがないので余計にドキドキしました。
濃姫から仕掛けてるのもニクイ・・・です。
まさにやるなNHKでございます
2006/ 05/ 08 (月) 23: 54: 36 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
>たまこかずらさん
こんばんは。コメントありがとうございます

>お濃は光秀に嫁いでいたほうが幸せだったのかもしれないと
この二人だったら、とてもやさしく平和な家庭だったでしょうねぇ。
2006/ 05/ 08 (月) 23: 51: 49 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
山葵さん、こんにちは!
濃姫と光秀のシーン、おもわずドキッとしてしまいましたね。
他局のドラマのラブシーンに負けていないのでは??と思ってしまいました。
NHKでは最大限の表現だった事でしょうね・・・。
う~ん、やるな~NHK!
などと感心してしまいました・・・^^;
2006/ 05/ 08 (月) 17: 02: 42 | URL | りっきー # -[ 編集 ]
お濃
お濃は光秀に嫁いでいたほうが幸せだったのかもしれないと、いつも此のシーンには思わさせられますね。
2006/ 05/ 08 (月) 10: 18: 16 | URL | たまこかずら # 0jyet6d2[ 編集 ]
>くうさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

>山葵さん泣くな。。。と思いました(--;)
ほんと・・・涙は決定項です。しくしく
秀吉が信長から毛利攻めを言い渡されたとき「いやー! やめてー」と叫んでしまいました・・・。

>一豊さまは、やっぱりこんなだから小者なのよね。
>でも、だから戦国の世を生き延びた、とも言えますね(^_^;)
確かに・・・信長、秀吉(彼は死後ですが)は、彼らの器の大きさが災いして自滅した感がありますから。
小物の自分を知っていく一豊はそれだけで凄くて、だからこそまっすぐでも折れずに生き残ったのでしょうね。
2006/ 05/ 08 (月) 00: 46: 04 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
>てれすどん2号さん
こんばんは。
こちらこそコメント&TBありがとうございます。
本能寺・・・近付きましたね。
来週・・・楽しみなような来て欲しくないような・・・
いえ、やはり楽しみです(爆)
2006/ 05/ 08 (月) 00: 27: 18 | URL | 山葵 # -[ 編集 ]
半兵衛さまの出番は来週までのようですね。。。
見ながら、山葵さん泣くな。。。と思いました(--;)
一豊さまは、やっぱりこんなだから小者なのよね。
でも、だから戦国の世を生き延びた、とも言えますね(^_^;)
2006/ 05/ 08 (月) 00: 13: 25 | URL | くう # HYyagAN6[ 編集 ]
早々のTBありがとうございます!!
濃姫は悪女!?!?(笑)大人の純愛を今後も期待します!そして本能寺の変も近くなってきて、、、来週も待ち遠しいですね!
2006/ 05/ 07 (日) 23: 51: 59 | URL | てれすどん2号 # eYj5zAx6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
千代の機転が利いた宴の舞と、一豊の弾正調略の失敗を1話の中に入れてしまいましたね。なんだか一豊より千代が仕事ができることを強調しているみたいで一豊、複雑ですね。確かに先週も男なら一豊より出世してるといわれていましたがあんな目立った場所で千代が舞を踊ってし
2006/05/09(火) 16:43:47 | くつろぎ日記
「がんばれ、一豊くん!」とエールを送りたくなった話です。北国から戦をせず戻ってしまった秀吉たち。信長の逆鱗に触れ、即打ち首と思いきや、長浜での蟄居を言い渡される。信長に自分の真意を伝えたくも、お目通りが叶わず、気落ちしているところへ、知恵袋半兵衛からのア
2006/05/09(火) 16:12:58 | つれづれ さくら日和
今日は少々早めにBShiで、見ちゃいました~。地上放送で20時からもう一度見直しますけどね♪半兵衛様、顔色悪い~。かなり重篤になっているよう。来週の放送の播磨攻めの最中にお別れになっちゃうのかな。予告を見るとそんな感じが・・(この回から秀吉の"両兵衛"
2006/05/09(火) 15:27:10 | カクテルライト(Cocktail-light)
功名が辻 第18回 「ポイントがずれていることはわかっている」いつのまにか「人生の師」になってしまったサナトリウム系王子の半兵衛さま、黒田管兵衛という後任も都合よく登場したところで、いよいよお別れの様子。生涯愛した女子は千代だけなんですってよ!@予告第2~
2006/05/09(火) 12:51:11 | ☆゜'・:*:.。真夜中の星の庭。.:*:・'゜☆
「秀吉謀反」今回の歴史的トピックは信貴山での松永弾正謀反と焼き討ち。前回、無断で北国の戦線から戻った秀吉に対して信長の怒りは尋常ではなく、蟄居を命じます{/face_ikari/} 一刻も早く謀反のつもりがなかったことを示さなくちゃ成敗される~~{/face_acha/}ってこと
2006/05/09(火) 09:12:25 | ミチの雑記帳
感想書き飛ばしてたりしますが、ちゃんと見てますよ~御釜爆弾(…)の威力ってば凄いなぁ!なんて思ったりした「すっかり大河」な18話でした。大分歴史色強くなってきましたね。そうしないと話が進まないので当然なのですが、のほほんホームドラマと歴史大河が混在してる
2006/05/08(月) 21:50:23 | sigh.
秀吉は信長から謀反の疑いをかけられます。寧々は自害しようとしますが、その前に現れたのは秀吉の母、なか。秀吉もやって来ました。黄泉路への支度をしている寧々に、今から猿楽の宴をするぞと言い渡しました。謀反の疑いをかけられているというのに、何故に猿楽なのでしょ
2006/05/08(月) 10:15:17 | つれづれ日記
コンプライアンスですよ、コンプライアンス!軍令が法令遵守だったとは!軍令ってもっと厳しく律するモノだと思うけど。ビジネス用語のお勉強までさせてもらってます。しかし、どうも近頃歴史のお勉強にはあまりなってないように思えますが。いちばん気になるのが信....
2006/05/08(月) 10:12:30 | ぱるぷんて海の家
今回は、次回以降につなげる中継ぎの回だった印象が強いですねぇつまり、主だった出来事がないと言う感じです。強いて言うならば、松永久秀の一件くらいかな。でも、無理やり一豊(上川隆也)を話に絡めていた感じがしますとにかく来週かな…と思ってあらすじ....
2006/05/08(月) 09:48:21 | TOSUのブログ
 今日の功名が辻・第18話は、前回、北陸から無断で帰還した秀吉の動向から物語りは始まった訳ですが、ここで竹中 半兵衛さんの知略が働き始めます。 信長の性格を読み、いかにして信長に疑念を抱かせないようにするか。 まさに現代のビジネス社会に共通しているような
2006/05/08(月) 07:37:57 | りっきーのブログ日記
北陸を攻めている柴田勝家の援軍として出発したのにも関わらず、勝手に帰ってきた秀吉。謀反の疑いをかけられます。果たしてどうなることでしょう。
2006/05/08(月) 06:35:08 | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
{/shootingstar/}オープニング軍令:軍勢の統率を保つための法度。先週柴田勝家の加勢をせずに北国より帰国した秀吉は軍令違反でした。{/shootingstar/}本編信長への目通りを許されない秀吉。弁明できなければ謀反の疑いがはれません。抜け殻のような秀吉の所に半兵衛がやっ
2006/05/08(月) 02:12:43 | ななさんにトラックバック(仮)
「殿!迷うてはなりませぬ!」by 吉兵衛
2006/05/08(月) 00:17:11 | 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
自分の調略失敗のため、幼い子供まで槍に掛けなくてはならなくなった一豊。オレはバカなのかのぅ。と落ち込む一豊に、吉兵衛が言う。駆け引きができないのは、殿のお心が清いからでございます。我らは大儀のために槍を振るうておりまする。迷うてはなりません。世は戦国。..
2006/05/08(月) 00:07:48 | 見取り八段・実0段
よねかわいいよ!!(笑)小りんの名前がオープニングロールになかったから今日もヘコんでたけど、新しい妖精が舞い降りてくれたようですあ、よねって一豊と千代の一人娘のよねちゃんね。こっちは小悪魔的要素ないからイイわ~~、、、いや今後悪くなってくんかな?やめてや
2006/05/07(日) 23:49:53 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。