毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 03月 14日 (火) 23:42 | 編集
アンフェアなのは誰か!?
もう、すべての人間・・・としか言いようが無いです。

十話目→Ⅹ→バツはなんか関係があったりするんでしょうか。

冒頭は、復讐サイトのINDEXページのフラッシュ?だったのねぇ・・・

ますます怪しいよ、薫ちゃん
夜の署内で独りでPCいじっては嗤ってたりしていました。
もしかして、復讐サイトで佐藤と連絡を取り合ってたりしてるんでしょうか?
ようやくというか、なんとなくというか薫ちゃんがいま蓮見のポジションにいたりするので、怪しさ満点です。

今回は、まだまだ謎だらけで犯人がどうとかは、わたしにはわからないのでなんとも申せませんが・・・

今回の話的には・・・佐藤和夫!!

犯人でなくても黒幕でなくても、雪平と美緒ちゃんのことに関しては元凶はこいつだな、と思いました。

わたしは子供を持ったことがないので、親の気持ちというのが想像できないので、すごく傲慢なことをいうかもしれませんが・・・その辺は、馬鹿が勝手なことをいってるな、とスルーしてください。
一応、反転しておきます。
美央ちゃんのこと・・・もしかしたら、雪平のせいだというよりも和夫のせいなのかもしれない、とさえ今回思いました。

というか、誰かのせいにして現在を無視した人間のせいだろうと思う(だから和夫)。

雪平のせいで美央は苛められる、美央よりも俺よりも犯人が大事なのか!?
などと叫んでいましたが・・・前も思いましたが・・・なんつう身勝手な男なんでしょう・・・

社会部のデスク・・・最先端にいる男、というものは案外古風なのか?

自分は社会部の記者として、犯罪等を追ってきたのではなかったのだろうか?
そのバックグラウンドがありながら、「犯人が大事なのか?」とはよく言えたものだ。

雪平は犯人が大事なんではない。
犯罪を許せないし、殺人者も許さない。
精神的なもので、「犯人」という即物的なものではないはずである。
美央ちゃんの声が出なくなって、自分の周りの状況も変わってしまって焦っていたのかもしれないが、言っていい言葉ではない、と思った。

美央ちゃんが声を取り戻せないのは、
ママのことが好きだけれど、そんなそぶりをしたらきっとパパが悲しむ。
パパが悲しむのはいや
だからママを嫌いにならなくては、いけないんだ。
という二重拘束のせいでないだろうか、と思います。
多方からのストレスによって美央ちゃんの心は、よりいっそう身動きが取れない状況になってしまったのではないのでしょうか。

ただの照れ屋だけじゃないと思うんですよ、美央ちゃんの態度は。
自分では気づいていなくても、心の奥底で「ママを嫌わなくちゃ」という枷が嵌っていたのではないかと。
その枷を嵌めていたのは和夫なんではないだろうか。
美央と会うな、とか牧村を擁護したりとか・・・必要以上に雪平から遠ざけようとする。
しかもそれは何の解決も生まないのに。

安藤粘り強い呼びかけで美央ちゃんの心がようやく溶けてきました。
もう、嫌わなくてもいい、というのは美央ちゃんに大きな安心感を呼ぶのではないだろうか、と思います。
嫌いになりたくない人を嫌いにならなくてはいけないということは、とても辛いことです。
ましてや、それが自分の母親だとしたら、悲劇だとしか言いようがない。
それが父親に誘導されていたとしたら・・・
このことに関して、ものすごく和夫はアンフェアなんではないでしょうか。
犯人を射殺し、世間を騒がせ、美央が苛められる原因を作ったのは確かに雪平で、美央や和夫に対しては多少なりとも罪悪感を持っていたはず。
そこにつけこんで、
「美央はお前を嫌っている」
「ママは美央が嫌い」
「美央はママが嫌い」
と二人を誘導していったのではないかとさえ、思います。
無意識にしろ、自分の都合のよく事実を捻じ曲げてしまった。
自分が信じるもの以外の道を消してしまった。
そういう印象を受けました。


それにしても美央ちゃん、大人に理不尽な約束ばかり押し付けられるな・・・。
牧村にも和夫にも「内緒だよ」と口止めされる。
だけど、牧村の件で懲りているのか、あっさりママに漏らしちゃうあたり、この子も賢いのか、黒いのか・・・?
かわいいから許すけど(爆)。

前回から来るか来るかと待ちわびていた安藤と雪平のラブモードについに突入か?

いやぁ、安藤は成長しました。
頼りなさがだんだん消えて、ちょっとだけ逞しくなりました。

信じていたものの相次ぐ裏切りに、弱さをさらけ出し、もう誰も信じられない、と泣く雪平に、好きだ、と思わずいってしまう安藤。

僕じゃ迷惑ですか?

近づくが、雪平は視線を合わせようとしない。
たまらず安藤は彼女を抱き寄せる。
一瞬驚く雪平だが、自分を抱きしめる腕にしがみつき泣く。

安藤・・・とうとう女を泣かせてあげられる男になったのね・・・
お姉さんはうれしいよ(ほろり)

今週の薫ちゃん
怪しさに磨きがかかっております。
いいなぁ、特殊任務・・・
と相変わらず特殊任務に恋焦がれているようす。
黒幕に近いのか?

今週の小久保
う~ん、ミニマム・・・
ここぞとばかりに山路管理官を退けて陣頭指揮をとりましたが、いまいち決まりません。
雪平に佐藤和夫が人を殺す理由は? と聞かれて「正義だ」とかほざき、「なんだそりゃ」と山路管理官に速攻突っ込まれてて、よかったです(間違ってる)


さて、来週とうとうすべての謎がとけるようですが・・・
ほんとにあと一回の放送でカタがつくんでしょうかね?
楽しみです
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。