毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 05月 31日 (水) 23:29 | 編集
さてさて、今月も集計してみましたよ。

5月1日     0 円
5月2日     0 円
5月3日     5,956 円
5月4日     2,500 円
5月5日     0 円
5月6日     600 円
5月7日     120 円
5月8日     0 円
5月9日     0 円
5月10日     0 円
5月11日     874 円
5月12日     0 円
5月13日     5,060 円
5月14日     0 円
5月15日     0 円
5月16日     0 円
5月17日     0 円
5月18日     0 円
5月19日     0 円
5月20日     431 円
5月21日     4,051 円
5月22日     0 円
5月23日     0 円
5月24日     0 円
5月25日     0 円
5月26日     0 円
5月27日     2,307 円
5月28日     9,566 円
5月29日     0 円
5月30日     2,465 円
5月31日     0 円
       
合計         33,930 円

予算を少しだけ超えてますが、先月までに比べれば、かなり節約しているはずです。
てか、かける予定だったストレートパーマとか、かけてないだけなんですけどね!!
なんか限りなく赤い黒字みたいな、如何わしい感じがありますな・・・。

来月も頑張ろう(たぶん)
スポンサーサイト
2006年 05月 31日 (水) 23:19 | 編集
本日は 五月最終日。

なんとか五月も終わりました。

来月はもうちょい、マシにすごしたい。

後半はなんでか読書週間(オンライン)になっっちゃって夜更かしばかりだったしねぇ。

何度もいうけど、今年の目標
「早寝早起き」だったはず・・・。

本日は 0円 也
2006年 05月 30日 (火) 23:15 | 編集
本日は失敗の日・・・。

仕事でミスをやらかしました。

物凄いブルーでございます。

帰宅途中、ガソリンを補充しました。
ほんと値段が高くてヤになっちゃいます。
レギュラーガソリン 19.11リットル×129円

これ以上高くなるとほんと困る・・・。

その後本屋で立ち読みして少し復活してから、家に帰りました。

本日は 2,465円 也
2006年 05月 29日 (月) 23:11 | 編集
本日はエアロビの日。

この時ばかりは・・・写輪眼が切実に欲しくなります・・・。

なんつうか、後半の動きについていけてないんですよね~~~。
もう一年以上通っているんだけど、少しは進歩してるのかなぁ???

でも、先生には結果が出てる、といわれてるので多少引き締まってきてるのでしょうか???
最近食べすぎで太ってきているように思うんだけど・・・???

本日は 0円 也
2006年 05月 28日 (日) 23:00 | 編集
本日は お買い物デイ。

妹とION系列の大型店へ、
夏物を見繕おうかな~、と。

でもちょっと不作でした。
適当に何着か買いましたが。

ん~、いつも出てくるはずのアドレナリンがイマイチ不調でした。

重ね着 ワンピース 4,441円
柄シャツ 2,320円
ペンダント 1,575円


味噌カツ定食混んできた時間を見計らって、早々に店を退散。
お腹も減ったので遅い昼食を。
この大型店にいく途中のカツ屋は、とにかくトンカツが大きくて安いんです!
お肉も柔らかいし。
なんというか肩肘張らなくてもいい定食屋、な感じで大好きです。
小洒落た店も好きなんですが、結構小汚い(失礼)定食屋も大好きなんです。
で、今回は養老ポークのカツでした。
なんというか肉がほん柔らかくて・・・。
あ、ここの味噌カツの味噌は他の店のよりも酸味が強いんですよね。
お酢かなんかを加えてのばしてあるんだと思いますが、結構それがさっぱりして美味しいです。
どうしてもカツは脂っこいし。
味噌カツ定食 1,230円

家に帰って、物凄い眠かったので、お昼寝しました。
いいね、昼寝って。
絶対平日出来ないし。

本日は 9,566円 也
2006年 05月 28日 (日) 21:30 | 編集
狂気の館にご招待・・・。

濃から密会の御文やら、何やらで随分と心労甚だしいご様子の光秀殿・・・。
濃ゆい夢でうなされちゃってまぁ、お気の毒というかなんというか。
光秀の中ではアアイウイメージなんでしょうかね、信長様って。
黒魔術っぽい、感じでしょうか?
まぁ、魔王だし、仕方ないか。

なんつうか、もう、いいです。
濃姫・・・

まぁ、夫の変わりように混乱してるからかもしれないけれど、彼女の視線も言葉も本能寺の変を匂わせていて、勘弁して! て感じ。

まぁ、どうなることやら・・・と思いきや、一豊と千代のイチャイチャパワーに中てられて、なにやら初心を取り戻した様子。
ちょっとほっとしました。

でも、今回の信長&濃は基本的にラブラブに見えるんですが。
信長はついつい濃の前ではオイタをしちゃう子供に見えるというか。
濃以外の前ではあんな駄々っ子のようなところ見せないと思うんですよね。
今回の信長と濃も、なんだか空威張りする信長が可愛く見えちゃったんですけど・・・
濃も自分がテンパっているせいか、そのヤンチャについていけない様子。
でっかい(つーか老けた)子供だな~とか微笑ましく見てしまえ、いっそのこと! な気分になりましたです。

さてさて今回とうとう、「内助の功」が出て参りました。
黄金10両の馬(この時代から、貨幣の単位が両だったんだ~、無知な驚き)が馬市に出ており、一豊は一目ぼれ。
しかも、自分で値をつけちゃいました~。
だが、貧乏で喘いでいる山内家にはそんな財産があるはずもなく、溜息吐息。

その様子に千代は伯父から貰ったお金を思い出し、慌てて取りに行き、これで馬を買ってください、というが、しばしの呆然のすえ、
「お前は小賢し過ぎる」と暴言(?)を
続く押し問答の末、泣き始めた千代に白旗を上げたのは一豊で・・・

いやぁ、大爆笑。
八つ当たりをしたまでは良かったけど、どんどんそわそわし始め、もしかしてヤバイかも? もしかしなくてもヤバイかも?と冷や汗をかき始める一豊さま・・・・
良かった
一豊的にどうよ? という突っ込みはおいといて、素直に面白かった。

いったいいくつなんでしょうかねぇ、一豊さまてば。

信長様も濃姫に甘えまくり(妄想フィルターすかさずON)だし、今回、「殿様甘える」の回だったのでは!?
と思ってしまったのでした。

それにしても、一豊がアホ過ぎる・・・
いいのか、一豊、お前はギャグ担当なのか!?

ラストの信長に褒められているところも、千代の行動の真意を信長に指摘されてようやくわかるし・・・。
千代が小賢しいんじゃなくて、お前が馬鹿すぎだろ~~!!!となんど突っ込んだことか・・・。

まぁ、これから? ですよね、たぶん。
彼的に。

今週の千代さん
妄想フィルターを通すと、彼女もかなりの策士・・・・。
いや、きっと素直で夫思いのよき妻、かわいい人なんでしょうが・・・。
「小賢しい」といわれてからの行動が、どうも演技のように見えて仕方ありませんでした・・・。
おたおたする一豊に拗ねてみせるあたり、が、ね?
いや、あれは可愛いシーンなんでしょうね? きっと。
すいません、純真キャラ苦手なんです~~~~~、、、

今週の濃姫
なんだかんだいって、結構、光秀絡み以外では、好きです。
とぼとぼ街を歩いているシーンとか、こっそり痴話喧嘩を盗み聞きしているシーンとか、可愛いったら。
こう、お嬢様~~~~~な感じがなんとも。

来週は・・・カウントダウンでございますね、とうとう。
2006年 05月 27日 (土) 23:40 | 編集
本日はお出かけ日。

モーニングBセット妹がモーニングに行きたい、と言い出して、モーニングに行くことに。
いつものたっぷりモーニングセットの店、Mへ。
土地柄、喫茶店で午前中に飲み物を頼むと自動的にモーニングセットがついてくるんですが、ここの店ではオプションが付けれて、+210円でハーフサイズのスパゲティがついてくるのです。
あ、写真のホットサンドとサラダとプリンと果物は飲み物だけでつきますよ。
そして朝からがっつりと食べれるんですね~~~。
あ===幸せ。
ぶっちゃけここの店は珈琲自体は美味しくないけど、モーニングセットは素敵なので、モーニングを食べに行くときはなんとなくココ。

旅行行くと、ホテルとかの朝食がない場合、困るんですよね~。
不当に高い気がしちゃって。
我が地方だと、適当に喫茶店に入れば、飲み物代だけで適当に朝ごはんにありつけるのに・・・(パンと卵とミニサラダは必須です)。
喫茶店もたくさんあるから、選ばなければ探すのに苦労しないし。
モーニングセットB 575円

そしてお腹が膨れたところで、妹がRのプリンがタウン情報誌に載っていたから食べたい、とほざき、Rへ。
Mとは反対方向なのに、プリンのためにそれさえ厭わず運転する妹の職への拘りに敬服さえ感じます。

Rに行く前に、いつものパン屋でアップルパイでも・・・(てか、お前らまだ食べる気か!?)と思ったら、アップルパイは販売自体無くなっていて・・・がっくりと肩を落とし、何も買わずに店を去りました(涙)
大好きだったのに~~~~~。

途中でドラッグストアでトイレットペーパーとか色々補充。
個人的にはお茶とお水を買いました。
ペットボトル(お茶) 4本×88円
ペットボトル(お水) 3本×100円

Rでは、な妹が「食べたい」といって入ったはずなのに、妹が食べたかったプリンよりも、単価120円も高いプリンを、わたしが買う羽目に・・・。
なぜ?
なぜなの????
プリン 4個×270円

とまぁ、なんとなく食べすぎな一日でした・・・。

本日は 2307円 也
2006年 05月 27日 (土) 00:25 | 編集
女子大生二人の暴走は誰も止められない。
ゆかりはチラシまで作って黒崎の宣伝活動を始めるし、氷柱は桂木の元に黒崎との関係を聞き出しに乗り込むし・・・

命知らずというか周りが見えなさ過ぎというか・・・全然似てないようで突っ走り方が似てるような氷柱とゆかり。
ふたりは友達。
お後がよろしいようで(意味不明)

「まだ理性の力は働かないわけ?」
忌々しそうにゆかりは氷柱に言い捨てる。

はて?
恋愛そのものは罪ではない。
恋愛は罪なのか?
それとも詐欺師(犯罪者)に恋するのが罪なのか?

哲学的ともいえる問いに、答えはノーといいたいけれど、ゆかりはなぁ・・・
恋心故とはいえ、犯罪に加担しようとしているからなぁ・・・
恋心自体は犯罪ではないけれど、行動に犯罪が(かなり積極的に?)伴おうとしまってるからなぁ、彼女。

彼女の行動もかなりぶっ飛んでいて、笑うけど、内心、ひやりとしないでもない。
ゆかりは黒崎の破滅を望んでいるのだろうか、などと考えると。
彼女はほんとのところ黒崎と幸せになることを望んでいるのではなく、ともに孤独を食い合うのを望んでいる、そんな気がしてならない。

どうせ氷柱とゆかりの恋愛バトルを黒崎の心の闇と絡めるんだったら、ゆかりの家族問題も取り上げて欲しいなぁ。
その方が、黒崎の孤独に同調するゆかりが出てくるのに。
今のところ、とっぴでリッチな女子大生くらいにしか見えないから。
む~。


さてさて今回はインチキ占い師。
なにやらトップキャスターでも取り上げられていたテーマでしたね。

それにしても「里芋貯金」はいいお話でした。
いいよなぁ、こういう小さいお話って・・・。

今回のゲストの和泉元彌さん
やはり狂言師・・・声が通る通る。
訓練された発声というのは、違うなぁ、と感心してみたり。
まぁ、舞台仕様とテレビ仕様の差はあるんだろうけど、やはり和泉さんに比べると山下くんの台詞は聞き辛い。
狂言師の発声はお耳に優しいなぁ(わたしの耳は、あんまり言葉を聞き分ける感度がよくないので)。

・・・神代正人がなんか好い加減に胡散臭くて、楽しかったです。
カラーコンタクトとかビラビラな衣装とか、カーリィなロン毛とか、なんで愛人の前では英語? とか、胡散臭いアイテム満載で非常にわかりやすかったです。

信者の皆さんのミルキィ(なんとなく)なファッションも見物でございました。

今回は騙し返す、というお話ではなく、長年連れ添った夫を亡くした老婆をまやかしから目覚めさせる、というお話でした。
山下君の和服姿が可愛かったなぁ(着物大好き)

くら(内海桂子)さんの着物も縞柄で、黒崎と実はお揃い?とか思って一人で楽しんでました。
粋ですなぁ。

ネタが小さくて、ちょっと良い話で基本的に好きなお話だったな、ていうのが今回の感想。
2006年 05月 26日 (金) 23:46 | 編集
いや、ほんと、何かに嵌っているときって、おやつ食べないでも居られるね。
わたしのエネルギー、妄想でも結構満たされるみたい。
おいおい、だとは思うけど。

明日、美容院に行こうかとすごく迷ったけど、やめた。
なんとなく、疲れてるし。

本日は 0円 也
2006年 05月 25日 (木) 23:58 | 編集
文字色なんだ腐れボンボンかよ・・・

なんつうか、もっとハングリーな設定を期待していたのですが、ただ気持ちの悪いヤツじゃん、霧島・・・
うわ~残念だぁぁぁぁぁぁぁぁ。
北村さんが演じてるから、もっとハングリーでどうしようもなく腹黒い(まぁ、今の時点でもそうなんだろうけどさぁ)、人を蹴落としていかないと前には進めなかった系かと思ってた(妄想で)のに・・・
歪んだプライドを維持するのに必死なボンボンだったとは・・・
いやぁ騙されたよ、北村さん!!!!!
(ただの妄想過多なだけです、すんません)

今回は、前回の後処理と、過去バナでございましたね~。

ミキと霧島は異母兄妹だったんですね。
なんか顔の系統が似てなくも無いので、あ、そうなんだ~とやたらあっさり納得してしまいました。

ですけど、ミキが霧島家にいるときのエピソードは腹が立ちました。
ええ、女性として、あれは酷い!!!!
息子も息子だけど、父親も父親だな!! まったく
家政婦代わりに愛人と娘を呼ぶなんて、なんつうゴーマン極まりない親爺なんだ!!!!

しかも、多少の金銭も自由に出来ず・・・サニタリー用品まで購ってきた商品を見せ、領収書を渡さないといけないなんて・・・。
セクハラ通り越して、虐待ですよ???
それなんとも思わず平然としていた(表面上だけでもね)なんて、最低だ。
そんなデリカシーの無い医者は嫌だ。
今すぐやめてくれ。

幼いころから絶対的な父親に支配されていた霧島軍司・・・彼はいつか自分が支配する側に立つことを疑わない。
だから、父親が支配していたモノは自分の支配下にあって当然・・・。
しかも彼にはプライドを構築し、巨大化させる才能にも恵まれていた。

ミキがね・・・どんどん、兄にどろりとした感情を溜めていく過程が面白かったですよ。
彼女も何かしら霧島に捕らわれてるなぁ、て思いました。
じゃなきゃ、
「あたしだけはあんたを認めない」
なんていわないもの。
どうでもいい人間にわざわざいう言葉ではない
彼女にとって終わりで始まりは霧島なんだなぁ・・・。
2006年 05月 25日 (木) 23:44 | 編集
支払日です。

請求書です。

忙しかったです。
たぶん。

てか、二週間も前のこと覚えてないよ~~~(ぶっちゃけるな!)

本日は 0円 也
2006年 05月 24日 (水) 23:16 | 編集
初めて、「トリビアの泉」の影ナレーションを聞いてみた。

いや、面白いね、これ!!

てか、今日は忙しかった。

明日は支払日だ、うおー。

本日は 0円 也
2006年 05月 23日 (火) 22:41 | 編集
本日は雨の日。

昨日のエアロビが激しかったため、筋肉痛になるかとおもいきや、ならなくて・・・嬉しいような怖いような。
明日、筋肉痛が来たらどうしよう・・・もし、きたら、ほんとに老化がすすんでいるということなんだよね・・・?
うぎゃ~~~~。

今日は仕事はまぁまぁ忙しかったです。

そうそう、この間からCMを見て気になっていた「北海道ホワイトカレー」なるものを食べましたが・・・
なんつうか、カレー風味のホワイトシチューでした。
中辛、てのもわたし的に有り得ない(常に辛口)。

ご飯にかけて食べるとなんというか、ドリアっぽいですね。
チーズ掛けてオーブンで焼いたら、ドリアだろ、これ!?て感じです。

カレーは辛い方が好きなので、あまり感動はありませんでした。
むしろ、ハバネロペパーソースなるものを掛けて辛くして食べました。
ご飯に掛けるにはちと甘い。

辛いのが苦手な人にはクリーミィでよろしいんじゃないでしょうか?


夕食後、『銀魂』みて大爆笑・・・
ほんとよく七時台でこの内容を放送しちゃうなぁ・・・と感心しきり。
もう、このお遊び感が堪らない。
この道を突き進んでいって欲しい。
ちょこちょこ入る小ネタもやめないで欲しい(てか、ネタストックあるんでしょうか・・・?)

本日は 0円 也
2006年 05月 22日 (月) 22:47 | 編集
今日はなんとなくだるい月曜日。

昨日湯冷めしたかもしんない・・・と内心反省。

それなのに、明日雨降っちゃうから、と頑張って昼休み一時帰宅し、洗濯を干しちゃうなんて、自分で自分の首を絞めているとしか思えない。
わたしって、時々、一番やらないほうがいいことをなんでか自ら選んじゃうんだよね・・・。
フフ(遠い目)。

そんなこんなで、頭痛がするままエアロビに行ったら、これがまたキツくて。
最近のプログラム、ほんと大変・・・正直、後半着いていけてません。
なんつーかね、ボクササイズ系の動きって苦手なんですよ。
リズム感がひどいので、合わないのね、リズムが。
体力的にも結構ギリギリな時間に入っちゃうから、ふらふらです。
今日はほんと、最期のほうまともに出来てませんでした。

いいの、後半まで持たなくても。
それまでちゃんと真面目に動いているから。

あんなにくらくらになるほどだったのに、終わった後は疲労感はあるものの、なぜか体が軽いような気がするので、それなりにやってる甲斐はあるようです。
体重が減るとかじゃなくて、なんか解消される時間ですわ。

今日は湯上りに浴衣着て(正しい着用方法)、なんとなく帯まで締めてみた。
ポリエステルの帯はズルズルして締めにくいなぁ。
ぎゅっと締まらないです。
色は鮮やかだし、安いから手ごろなんだけどなぁ。

浴衣の帯といえば、ユニクロの浴衣セット・・・帯だけ欲しいセットがあるんですよ・・・。
帯だけのためには買えないし・・・もし、セットで1,000円とかだった買ってもいいけど・・・。
帯だけバラで売ってたら買うのに~~~。


本日は 0円 也
2006年 05月 21日 (日) 23:39 | 編集
本日は晴天なり。

休日の割に早く起きて、布団を干し洗濯をまわしました。
久々にカラリとして良い天気。
風も強くて洗濯物が良く乾きました。

昼過ぎから、妹が電気屋とユニクロに行きたい、というのでついていきました。
何も買うまい、と思ってたけど結局、ユニクロでジーンズを一本買いました。
ジーンズ 2,990円

それから喉が渇いたのでお茶を買って、祖母の誕生日プレゼントにアジサイの鉢植えを妹と共同で買いました。
お茶 161円
アジサイ 900円(半額)


最近のアジサイっていろんな花びらの種類があるんだなぁ、と関心。
オーソドックスな色や形のものしか知らなかったので、なんだか楽しいです。
日本人て昔から品種改良が得意だしねぇ。
遺伝の法則なんか知らないうちから、学者でもなんでもない人々が朝顔やらなんやか品種改良にいそしんでたんだから、日本人てすごいな、て思います。

今日も食べ過ぎです(屍)

本日は 4,051円 也
2006年 05月 21日 (日) 21:29 | 編集
今回は「迷うが人」のタイトル通り、迷う人々の話。

一豊さまは、兵糧攻めを経験し、戦とは? 武士とは?と今まで以上に悩みだします。
その苦悩を偶然立ち寄った光秀に漏らしますが、人は迷うもの、自分も迷い続けている、といわれ、少し浮上。
「迷わぬのは上様だけ」
の言葉が寂しい。

その上様、松寿丸を殺せと命じたくせに、いざ勘兵衛がいきていると、「会わせたかった」といけしゃあしゃあといっちゃうあたり、よくわかりませんでした。
しかも涙ぐんでるし。
一豊が「実は生きている」というと、いよいよ涙をこらえ「早く会わせてやれ」という。
一豊に罰は下されなかった。
信長は迷わない、のではなく、迷ってはいるがそれを見せない。
それだけなんで無いだろうか。
独りで悩んで独りで決断を下す。
そこには誰かの入る隙は無い。
迷わないのではなく、他人が信じられない、そんな感じだと思う。
口を開くのが決断した後だから、迷っていないように見えるのだろう。

信長といえば、濃と光秀のプラトニックラブにお気づきの様子でしたね。
あわわわわ。
予告でも濃と光秀密会してたみたいだし・・・。
どんどこ信長は人間不信まっしぐらのように思えます・・・。

小りんちゃんが、出てきましたね!
でも、兵糧攻めに巻き込まれて、飢えで目をやられズタボロです。
「太陽の下を生きていくっていったのに!」
と兵糧攻めに加わった一豊を責める。
間抜けだけどまっすぐでやさしい一豊が好きだった小りんの叫びは、理想と現実の違いに苛まれていた一豊の心の叫びでもあったのでしょう。
吉兵衛に、こんなやせ衰えた姿では一豊に会いたくない、という小りんちゃんは、いじらしかった。
千代とは別次元ですが、彼女も一豊をいろんな意味で、教え助ける女性なんでしょうね。
今日の小りんちゃんで、長澤まさみちゃん大好きになってしまったかも・・・

吉兵衛の、新一郎にいった「あの城の中には退屈している者はいない」「これも勝ち戦だ」が重かった。
華々しさも、武功もなにもなく、ただ飢えと渇きと苦しみしかなかった戦。
これから秀吉はこの兵糧攻めを何度も何度も使うということなので、なんとも胃が痛い話だ。
確かに、味方の戦力は温存されるだろうけど・・・。
死者は、もしかしたら少ないだろうけど・・・
後味は最悪だろうな。

一豊がいろいろ考え出してくれて、半兵衛さまが亡くなり、見る気がちょっと減退していましたが・・・、面白くなってきました。
今までの一豊さま、ちょっとズレてたきがするんだもん・・・


半兵衛さま!!! といえば、もう、感激してしまいました。
彼は死してもなお、人を生かします。
彼が六平太に勘兵衛の生死を探らせたお陰で、松寿丸も助かった。
そのことで、一豊も秀吉も勘兵衛を失わずにすんだ。
秀吉の軍勢の取ってこれほどありがたいことは無いだろう。
嗚呼、半兵衛さま(感涙)、、、

来週は、ついに有名な馬を買うエピソードが出てきますね!
しかもなにやらいろんなところで夫婦の問題が勃発か?
楽しみですね~~~。
2006年 05月 20日 (土) 23:03 | 編集
今日は土曜日出勤。

久しぶりに買い食いをしました。

円盤型のパン朝、ご飯が炊けてなかったのでお昼はいつものパン屋で惣菜パンを購入。
お昼ごはんの時にはいつも買っているキッシュと、初めて見る円盤型のパンを買ってみました。
直径20センチくらいで、生地は思ったより薄く、中が空洞になっております。
空洞の部分の床面には、チーズと香辛料と刻んだハムが入ってます。
香辛料の中にはハーブも入っていて、予想外に香りの楽しいパンでした。
わたし、基本的に香りの強い野菜が苦手なんで、ハーブも苦手なんですが、ほんのり香る程度なので美味しくいただけました。
大きいけど、生地が薄くて柔らかいのでパクパク食べられます。

ブロッコリー入りのキッシュ大好きなキッシュは、この間から、緑の野菜部分が、ほうれん草からブロッコリーに変わりました。
相変わらず卵もチーズもとろとろで、美味しい~~~~♪
ブロッコリーって案外香りの高い野菜なんだな、と実感してしまう味。
全体的にすごくブロッコリーの味がしみこんでるの。
キッシュてさ、一瞬、食事にしては「ちっちゃいかも」て思うけど、具沢山で濃厚ですごく満足できるのです。
シアワセ。
パン 431円

夕方、仕事から帰ると、どこかに買い物に行っていた妹が、同じパン屋でクリームパン(これも大好き)を買ってきてくれていて、おやつ(本日三回目)にペロリ。
毎日確実に食べすぎです。

「天才ダビンチ最大の謎と秘密の暗号」を見ましたが、なかなか面白かった。
こういう昔の謎掛けもの好きです。
でも、出てくる謎掛け以前聞いたことあるものばっかりだったので、新鮮味はイマイチ無かったなぁ。
再現されたモナリザの当時の色にはちょっと感動したけど。
あんなに爽やかな絵だったとは。

祖母に昔、妹が日舞のお稽古着にしていた浴衣を寝巻きに直してもらいました。
最近、寝巻きがお気に入りなので、嬉しい~~。


本日は、431円 也
2006年 05月 19日 (金) 23:29 | 編集
今週の犯罪者 神志名 将
誰か捕まえてください
あれはリンチです。
傷害罪?です。
氷柱も「警察なら何したっていいの?」なんてヌルイこと言ってないで、通報しろよ。
まぁ、被害者が黒崎だから・・・通報できないし、被害届もださないだろうけど・・・。

毎回思うんだけど、このドラマに恋愛パートは要らないと思う。
今週から、ゆかりVS氷柱の泥沼が始まっちゃったみたいですけど・・・。
話をややこやしくしているだけで・・・なんというか、無駄な気がするんだけどなぁ。

ハッピーエンドとはいかないまでも、未来あるエンディングにしたいからか、「受け止める」とか「理解する」とかいうキイワードが出てきちゃってますが・・・、それをやるには回数が少ないんじゃないだろうか?
理解するというゆかりの黒崎との接触は少ないし、やはり彼の何かを知っているわけではないから。
きっと、ゆかりの家庭の事情を絡めて孤独な子供たち、として持って行きたいのだろうけど、もはや、ドラマも折り返し地点だし、そういう心の問題を取り上げるには中途半端になりはしないか。
このドラマのメインはあくまでも詐欺パートだとわたしは思っているから。
そういう傷ついた子供の心をやるには・・・時間が足りないとおもうんだけど。

ちょっと今後の展開が不安であります。



・・・さて今回はマルチ商法でしたね。
わたし、実はその言葉の意味がイマイチわからなかったんですが、そういうことだったんだ~、と原作を読んで納得した覚えがあります。
勉強にはなりますなぁ・・・。

今回もゲストの黒沢年雄さん良かったですね。
シロサギにしては、かなり詰めの甘い方でしたが、最期にWパンチを食らわせられちゃって爽快ではありました。
あ~あ、て感じです。

冒頭でも文句だらだらでしたが、まったく、神志名はなんなんでしょうね・・・?
ほんとチンピラ以外の何物でもありませんよ。
余計なことをしてシロサギが逃げようと準備を始めたのがわからないのでしょうか?
ある意味捜査妨害だと思うんだけどな。
うらみつらみがあるのかもしれないけれど、彼も間違っちゃってると思うんですけど。
別件逮捕はやはり問題だし、リンチしちゃってるし。
早くくびにならないかな~、あんな警察官。

まぁ、黒崎と神志名のお互いへの台詞は結構好きでした。

「親が詐欺師じゃ警察のトップになれないもんね、ドンマイ」
「法を破って詐欺師になった時点で詐欺師に負けてるんだ」
「贋物の自分にしがみついて・・・ダッセ。シロサギの息子に戻るのが怖いんでしょ」
「俺が終わらせてやるよ、お前の復讐の場をな」
等々。

台詞はいいと思うんだけどな~、神志名の設定がな~(ぶーぶー)。

山下くんの黒崎はどんどん良くなっている気がする(わたしが見慣れたんでしょうかね・・・一応原作は封印中)し、詐欺師を騙すところなんか結構身を乗り出しちゃうので、面白くはなってきてます。

かなり、どうでも良いことなんですが、最初のほうで氷柱が歩いているシーン、梯子で作業しているなんかの職人さんが転落事故が起こってましたね。
オイオイ、かなり、マジで落ちてるけど大丈夫かよ?てくらい派手で痛そうでしたが、考え事している氷柱は気づかない様子・・・。
そう思っているうちに、「抱いてセニョリータ」のオープニングがはじまって、ぼんやり見てたら、オープニングでも、氷柱の後ろで梯子から転落している人物有り。
何か氷柱と転落事故には因縁でもあるんでしょうか」・・・

散々文句たれてますが、来週も見ますよ(^-^;
2006年 05月 19日 (金) 21:06 | 編集
本日も雨。

五月がこんなに雨降りでどうするの!!!!

洗濯物が乾かなくて困ります。

5月のチーズケーキ今日は、何ヶ月かぶりに「今月のチーズケーキ」を、ラストだそうです。
小さいチーズケーキが箱にたくさん入っていてちょっと幸せでした。
ふわとろで美味しいです。
お店は青森だったかな?



今日もどこにも買い物に行かなくてネタが無いので、今日読み終わった本
「陰日向に咲く」劇団ひとり
本人がカバー写真に収まっちゃってるが、お笑い芸人が片手間に書いた本では決して無い。
小説としてかなり面白かった。
ほんわかでゆるくて毒で変で粘質的で・・・せつなくて。
おすすめです。

小説といえば、かなり前からちまちまと読み進めているけど一向に進まない
「世に棲む日日」(司馬遼太郎)
読み進まないのは面白くないせいではなく、いまのところ盛り上がりが無いだけなんだけど。
最近、これを吉田松陰青年のロードムービーとして誰か映画化してくれないかな・・・と思ってしまいます。
今わたしが読んでるあたりの、若かりし吉田松陰、歩いて歩いて歩き回っておりますよ。
楽しくて可愛くていいと思うんだけどなぁ(フィルター掛かりすぎ?)

本日は 0円 也
2006年 05月 18日 (木) 23:32 | 編集
やっちゃってくれました!!! 霧島軍司!!!!

なんとかバチスタ手術さらにすったもんだのバイパス手術も成功させ、更に先週レベルの上がった加藤が、野口教授を丸め込んで・・・さて、というところに・・・

すこうし、早く成功させていた霧島の記事が一面トップ。
野口教授の記事小さい!!!

ほらね、言わんこっちゃない。
自分の研究の進み具合を他の大学の人間にペラペラ喋るからこうなるんですわ。
もほや、加藤の身から出た錆以外の何物でもないでしょう。

幾らね、霧島が謀略家だろうとも、細かい日時まで知らなければこういったことは出来ないもの。
詰めが甘いというか。
騙されまくりというか・・・
なんか・・・結果はわかっていたけどオイオイオイオイオイ・・・」
て感じでした。

バチスタ患者まで同じ日に用意できるということは、それ以前から準備していたということ。
もう、霧島は朝田が執刀医に選ばれたという時点で計画をはじめていたんだろう。
その過去の因縁が気になる。

バチスタ手術、のチーム、やはりチームの人間は、集中力とかリズムがあっているけれど、麻酔医とか腹下しとかはやはりついていけてない。
どうなるんだろう・・・。
麻酔医は荒瀬が加わるとしても、腹下しの変わりは・・・伊集院に叩かれた子がなるのか???
それとも外からやってくるのかなぁ・・・。

今週の伊集院
もう、大活躍!! 腹を下した人(何回見ても職業名が覚えられない)の助手?があたふたしているのを、ビンタして我に返らせたり(いつもと反対だ)、人工心肺の管理をしちゃたりしました。
鬼頭教授からも高評価の様子。
手術開始直後には「今日は何も見落とさないぞ!」と気合をいれてました。
か~わ~い~い~(屍)

以前よりもテンパらなくなっているということは、それだけ場数をこなしているということ。
確実に成長してますね。

今週の朝田
・・・・ねぇ? ひとつ聞いて良い?
あの屋上での動き、どっかに出てきた?
もしかして何も関係ない動きだったんじゃ?
あ、もしかして、変性部位を探すときの手の動きとか?

患者の命を助けるためとはいえ、ミキにメスを握らせる判断を下しちゃったり、相変わらずのトラブルメーカー。
あの判断の是非は、なんともいえないところですが・・・やはり、患者の親類だったら、誰が切ったっていいから、助かって欲しい、て思うだろうな。
でも、そんなこといってたら医師法とか倫理とか無茶苦茶になるし・・・。
その場にいたものが何かしらの処分を受けるのなら・・・彼らの未来、そして彼らの周りの者の未来まで消すことになりかねない。
人の死がかかっていても、別のところでは違う死を誘発しかねない。
倫理て難しいなぁ。
すべてがやったもん勝ちではいけない、と思うし(でも、やったもん勝ちにしちゃったね)

今週の加藤
心臓外科のエキスパートの面目躍如で、伊集院が抜けた後もがんがんと第一助手を勤めます。
そして、手術後、妖艶ともいえる笑みを湛え野口教授を丸め込む。
う~ん、ココまでの加藤は素敵でした。
そう、霧島にホイホイ電話をかけるまではね・・・・
さて、彼女の逆襲はあるのでしょうか(なかったらヤダ)

今週の鬼頭教授
姐さんついていきます!! てくらいかっこいい。
朝田の行動に動揺するジジイ共(教授陣)に、彼女だけは朝田の意図を見抜き「野球中継でもみてろ」と切り捨てる。

荒瀬を貸せ、という朝田に「荒瀬の過去を知っても・・・」と微笑む。
ああ、もう大好き。
来週はついに朝田を手に入れるか?

今週の荒瀬
別室で手術の中継に大興奮。
早く彼がチームに入らないかなぁ。
彼にはなにやらトンデモナイ過去があるようですね。
来週が楽しみです。

今週の看護士長
彼女もカッコ良かった・・・
厳しくミキを叱る。
でもその発言に不当なものはないし、決して権力におもねっているのではない。
倫理面での発言、管理職としての発言。
でも、個人の意見としての、
「少しスッとしたわ」
は鳥肌立ちました。
彼女もプロとしての誇り、看護士としての誇りから来るやるせなさをいくつも味わってきたのでしょう。
先週も、医者が「看護士風情が!」とか言っていましたもんね。
看護士はどうしても医者と比べれば低く見られがちな立場ですもの。


さてさて・・・来週からは霧島と朝田の因縁、荒瀬の過去、が語られるよう・・・楽しみです。
2006年 05月 18日 (木) 19:51 | 編集
本日、納得いかない年金問題。

早速昼休みに、社会保険事務所に電話してみました。

学生時代に全額免除されていた国民年金の保険料が・・・2年6か月分あるんですが、それを今年度中に全納すると、50万近くになる計算になりました。
えええ???
て感じですが、なんと!加算金がかけられているようです。

・・・いくらそういうシステムだからって免除されてる分に加算金かけるのはどうよ?
確かにね、三年間未満だったら加算金をかけないことになっているのでしょうが・・・そもそもそのシステム自体、どうよ?
今現在の保険料(ちなみに現在は1カ月13,860円です)で30カ月分かけて計算するならわかるけど。

そういう、ね、罰金みたいなシステム作るのはね~(怒)。
一応、免除の申請出して通っているんだから。
わけのわからない鬼のような徴収するよりも、自分たちの無駄遣いを改めたほうがよっぽど資金が浮くんじゃないの?
いいよね、幾ら使ったって自分たちは共済年金だし。
と非常にやさぐれて見たり・・・。

そういうエゲツ無いことするから、年金まともに払わない人が増えるんだ!!!

かといって年金をそのままにしておくのもなんなんで、一応、全額分の納付書を作ってもらうことに(年度ごとに分けて三通になるそうですが)。

だって、年数をおけばおくほど加算金が増えていくんだもん。
総合計30ヶ月で割ると、今の時点で、わたしの毎月の厚生年金額より多いんですよ。
まったくもって有得ない!!!!!
お前らサラ金か!?

というか、わたしの貯金・・・貯金・・・(遠い目)
過去の借金だと思ってちゃっちゃっと清算するか・・・(ぐったり)

確かに、『全額免除期間』であって未納期間ではないため、年金の掛け月には計算されてはいるんですが、支払いのときの計算では、30ヶ月(しつこい)の分は3分の1という支払いになるらしいです。

思わず預金通帳、貯金通帳を眺め、電卓をはじいちゃいましたよ。
ほんとに、わたしってこれを払う余裕はあるのかどうか。
最終的に・・・払わなくても法律的に問題無いことだし(たぶん)

まぁ・・・とりあえず30ヶ月は激貧決定。

本日は 0円 也
2006年 05月 17日 (水) 22:21 | 編集
なんだかんだと忙しい日。

天気も悪く、肌寒い。
だけど事務所で寒がっているのは私だけのような気がして、自分を振り返ってみるに・・・マズイ・・・
今日は腹巻までしてるのに・・・。

今日は午後のおやつにドーナツをいただきました。
久々に食べると美味しいなぁ。

夕方なんとなく残業しながらつらつら考えていたら、そういや、先月に近辺にできた大型ショッピングモールにまだ行ってない、ということに気がつきました。

会社帰りに行けない距離ではないけど、方向が微妙に違うし、何か欲しいものがあるわけでもないので、ま、いっか。
なんたって、今月は(も)お金ないし。

今のところ、以前買った「買い溜めモノ」がなんだかんだ残っているので、差し迫って買わなきゃいけないものは思い当たらないです。
それどころか、この間、「買ったらいけないものリスト」を書き出しました。
靴下とか。

そろそろ・・・学生時代の免除されてた年金をどうにかしようか。
どうにかしてくれるうちに。
痛い、痛すぎるっ。

そういや、今日「ハリーポッターと謎のプリンス」が発売になりましたね。
今回は予約していないけど、そのうちbk1で買います(重いから)。

本日は 0円 也
2006年 05月 16日 (火) 23:43 | 編集
本日は雨降り。
午前中、寒くて寒くて事務所の暖房を入れてしまいました。

気づくと物凄い寒がりになっていて、このままでは、代謝は下がるばかりだ・・・(汗)

ようやく「幻想水滸伝Ⅴ」クリアしました。
グッドエンディングです。
結構あっさりというか、あんまり意味わからんというか、まぁ、良かったね、て感じで。
幻水の中ではかなり好きな方かな~、て思います。
まぁ、なんだかんだいって、100時間超えてますし。
二週目もやるし(やるんだ・・・)

今回はね、1以来、主人公に思い入れが出来ました。
2は、どっちかというとジョウイが強くて主人公の影があまりに薄かったし、3は隠れ主人公のトーマスに入れあげてたし。
4は主人公に人格があったのかちょっと怪しいし。

総合的にかなり好きなゲームです。
ただね~、戦争イベントが難しくていつもパニックになりながらやってたよ・・・(何度やり直したことか・・・)。


火曜日は「銀魂」
7時台からあんなスレスレな台詞連発でいいのかしら・・・という感じ。
そこが好きだけど。
台詞が長くて声優さんも大変だろうなぁ。

本日は 0円 也
2006年 05月 15日 (月) 23:29 | 編集
本日は月曜日。
そして請求書の日。

今日必着の請求書が真っ白だったことに気づき、はやく上司が来ないかなぁ、と思っていたのになかなか来ず・・・ようやく来たのは11時過ぎ。
まぁ、必着といっても車で15分くらいのところだし、今月はそんなに量もないから良いっちゃ良いんだけどね。

夕方からのエアロビは、ほんときつかった。
今週も汗だらだら。

自分の身体能力の低さに呆れます。
まぁ、楽しいからやめたい、とかは無いので良いんですが。

家に帰ってから、浴衣くらいは独りで着れるようになりたいなぁ、と祖母の押入れを物色。
去年祖母が買ってきた安物の浴衣・・・派手な黄緑にパイナップル柄というトンでもない浴衣、を練習用に持ってきました。
いいの、柄とか色がすさまじくて練習用、もしくは部屋着だから。
これにはピンクの帯です(う~わ~)。

浴衣を着てどこかに行くなら、紺地に白い糸菊の模様のがお気に入りなので、それ着るもんね。

どうでも良いけど、祖母と妹が昔日舞をやっていたので、その衣装とか出てきて、楽しかった。
いちいち派手なんですよね~~
ちょっと普段には着れませぬ。
裾に綿が入っているのまであって、よう作ったなぁ、と関心。

本日は 0円 也
2006年 05月 14日 (日) 22:48 | 編集
本日は晴天也

久々の青空と乾いた風に洗濯を敢行。
何となく溜まっていたカーディガン類を一斉にぶち込みました。

年中木綿を着てて年中同じようなものばかり着てるので、一斉に洗ったからといってほとんどすぐ着るんですけどね。

でもたくさん洗濯すると、身の回りがちょっと片付いた気がするので、気持ち良いです。
自己満足万歳!!

良い加減幻水5をクリアしようと昼から天気が良くても部屋の中でゲームに勤しんでおりました。
うー、攻略本を見ても戦争イベントは難しい。
・・・取り敢えず、あとラストダンジョンです。
レベル上げの必要があったので、シコシコ手前で修業中。

夕食は母の希望?で回転寿司へ
でもイベントの日の回転寿司はネタも品切れ続出だし、店員もテンパっててがっかり・・・
しばらく行くまい。

本日は 0円 也
2006年 05月 14日 (日) 21:59 | 編集
竹中半兵衛死す・・・!!

ついについに半兵衛さまがお亡くなりになってしまいました。

もはや前半から自分の足では歩けず、寝巻きのまま抱えられてようよう秀吉の前に行く始末。

遺言にと六平太に黒田勘兵衛の安否を探させ、秀吉には勘兵衛を死なせてはならない、という。
千代からの手紙を一豊に読んでもらい、
「生涯愛した女子は千代殿だった」
と漏らし息を引き取る。

泣かないかも・・・と思いましたが、元気なときの半兵衛さまの輝くような(すかさずフィルターON)姿が流されたとき、やはり泣きました。

秀吉の仕事がまだ片付いていないときに、補佐をしなければならない自分が先に、しかも病で死ななければならないとは・・・
死期を悟っていたとしても、無念だったでしょう。
・・・若すぎる死です。

筒井さんの竹中半兵衛は、爽やかで見た瞬間聡明さが溢れててとても素敵でした。
もう回想シーン以外で見ることは無いのだと思うと、寂しくて。

意外だったのが、六平太とかなり親密に通じていたところでした。
六平太も一豊に対してとはあからさまに態度が違いました。
千代を思うもの同士、また、才能を認め合うもの同士、接点があったのでしょうか。


さてさて、赤が大好きな信長様、
ずんずん狂気の道を邁進中。
最早誰も止められない。
もう誰もしんじられない。
そう、お市以外は。
濃姫の言葉も届きはしない。

新しいおもちゃを見せびらかすように、天守閣を市と濃に見せる信長。
彼は幼児性の塊なんだろうな。

その姿に心を痛め、その痛みを逃すかのように光秀を思う、濃姫・・・。
なんだか、濃姫が思っているほど光秀は濃姫を思っていないんじゃ? と思ってしまいました。
信長が変わってしまった心の穴を代わりに埋めようとしている・・・それが光秀だったのではないでしょうか。
彼女の気持ちを共有してくれるのはもう光秀しかいない、そんなすがるような涙だったでは?と勘繰った目で見てしまいました。
先週の悪女ぶりを見てしまうとなぁ。


光秀には妻も子もいる。
濃姫だけが心配の種ではない。

娘の玉は信長の命で、年下の細川家の嫡男の下へ嫁がされることに。
だが、これは下知だとしても、心安い仲だった細川忠興との婚儀に玉は晴れがましい顔で望む。
「幸せになるから」と。
夫婦ふたりでいるシーンも仲睦まじそうで安心。
それにしても美男美女カップルですなぁ・・・

そして、別の娘の嫁ぎ先摂津の荒木村重は織田軍を寝返ってしまう。
秀吉と光秀が説得するも空しく、謀反は覆されず(なんか表現が変です)。
光秀もあっちもこっちも心配事ばかりでノイローゼになるんじゃないかなぁ・・・と思えてしまう。


相変わらず右も左も自由自在の涙腺を持つ秀吉。
今日も猿芝居(荒木談)で、挑むがあえなく失敗。
一豊からは不審の目で見られているけどどこ吹く風。

だが、半兵衛が死んだとき、雨空を見上げる顔がどこか微笑んでおり、涙をこらえるために変な顔になっちゃった感じ。
彼にも涙腺をコントロールできないこともあるんだなぁ、と安心してみたり。


相変わらずなのは、千代の家。
また変な野生生物がやってきている様子。
落ちてばかりいる雀の次は、妙に新右衛門に似ている狸のシンタ。
千代と愉快な仲間たち。

米ちゃんはやっぱりかわいいね~~~
今週はちゃんと、「かずとよ、」ていえました(パチパチ)。


さてさて、来週はどうなることやら・・・
小りんちゃんが帰ってきますね!!
2006年 05月 13日 (土) 19:46 | 編集
本日は映画鑑賞。

ようやく「ナルニア国物語 第一章」を見てまいりました。
ハリウッド的、ディズニー的超大作でございました。

実はわたし、中学生のときに原作本をすべて読破しているはずなんですが、まったく覚えておりません・・・。
なので、素直にストーリーを追えました。
でも、忘れててもなお、話がすっ飛んでいるなぁ、な感はぬぐえませんでしたが。
時間の関係上仕方ないよなぁ。
映画 1,800円

映画の前に妹とランチ。
いつの間にやら小学校の近くに出来ていたイタリア料理のお店。
どこの金持ちの道楽だ・・・な凝ったお洒落な建物。
なかなか美味しかったです。
ランチ 1,500円

明日は母の日なので、カーネーションの鉢植えを一つ。
物凄い安物なんですが・・・もうあまり残っていなかったし。
あんまり大きいのを買うと置く所に困るし。
切花も華やかですが、鉢植えのほうが好きです。
鉢植え 1,300円

小腹が空いたので行きつけのパン屋でパン買いました。
パン 340円

ダイドーの自動販売機でジュースを買ってみたら、関西弁のアナウンス?が流れてびっくり。
10円玉が認識されなかったとき「通らんよ~」
ジュースが出てきたとき「お疲れさん」
妹が買ったときは、音楽が流れてましたが・・・なんなんでしょう・・・?
ジュース 120円

本日は 5,060円 也
2006年 05月 12日 (金) 23:56 | 編集
今日久々に寝坊しました。

いつもギリギリまで寝ているのに、更に十分ほど余分に寝てしまいましたよ・・・(トホホ)
でもお弁当を母が詰めてくれたので、なんとか間に合いましたが。

今日は寒かったですね~。
寒がりなわたしは耐え切れず事務所で暖房を入れてしまいました。
なんだってんだ、ほんとに。
体がついていかないよ。

それででしょうか・・・口内炎が出来てしまって、非常に鬱陶しいです。
ことあるごとにチカチカ痛むし、熱をもっているようで気になるし・・・。
ビタミン剤でも飲んで寝ようかなぁ。

明日はなんとなく休みです。
きっと誰も気づかないだろうし。
・・・第二土曜だから休みなんだけど、今月第一土曜の六日に連休で休んでるから、もしかしたら振り替え出勤を言い渡されるかと思ったけど、何にもいってこなかったので、こちらからも敢えて言わず休んじゃいます。
先月気にして出勤しても、なんにも評価無かったし。
時間外削られちゃったし?

ということで明日は「ナルニア国物語」を見に行く予定。

本日は 0円 也
2006年 05月 12日 (金) 23:22 | 編集
前回くらいで、山下くんに引き続き、氷柱も慣れてきたのかと思いきや、やっぱり苦手だなぁ、な今回。

氷柱が逆上するとウザイんです。
ぎゃあぎゃあ叫ぶなよ~~~な感じでひきます。

黒崎の家に押し入ろうとしたり(不法侵入じゃないのか???)、夜中に窓開けて叫ぶし(下手すると通報されます、いいのか検事目指しているのに犯罪者になって)。
黒崎のことを「犯罪者で~す!!!」と叫ぶ割に自分も立派に犯罪者な気がするんですが・・・ご近所は若いものの痴話喧嘩くらいに思ってくれているんでしょうか・・・寛大だなぁ。
わたしなら夜中に近所であんなふうに叫ばれたらキレますけどね!


今回もゲストの泉谷しげるさんがいいっ。
あんなにダメ親爺が滲むほど似合う人はいないんじゃないかってくらい、良かった。
短い小指(ちょっと語弊がありますが、ちゃんと全部ありますよ)がかわいい。
「す、すまん」と縮こまる姿が、もうどうしようもなくていい。
お前、ホントに反省してるんだろうな??と突っ込みを入れたくなるくらいです。

今回の教訓は安易な約束(契約)はしない、てこと?
それとも、それでも人を信じる、ってこと?

「そういう甘っちょろい考えが新しい被害者を生むんだよ、加害者もな」

ず~ん、なお言葉ですね。
確かにあの時氷柱がお金を貸さなければ・・・いや、貸してもらわなくてもやってただろうけどね。

でも、やはり、突き放すところは突き放す。
それが相手のためにもなる。
でも、やはり自分の親や子供には理屈なんか吹っ飛んじゃうような情があるし・・・。

詐欺で家族をぐちゃぐちゃにされた黒崎。
現在進行形で詐欺をしている父親を持つ氷柱。
様々なキィワードがふたりをリンクする。
(以下ネタばれ)
確かね、黒崎の父親も自分が詐欺をしていると知らないまま、自分も詐欺してたんですよ。
被害者で加害者なのです。


ラストシーンはもう、青春ど真ん中でまぶしかったです。
ドキムネ氷柱大暴走
彼女の勢いは止まらない。
見てて恥ずかしくなっちゃいました。
ほんと何言ってんの、あの子~、な台詞が混乱と高まりを表しててよかったかも。
堀北さん、うまい、ね。
氷柱にはちょっとだけど(まだ言うか)。

今回、話的にはかなり面白かったと思うです。
家族関係の話と詐欺の話を上手に絡んでて。

今回の見所は、喪服姿の早さん・・・きれいだ~~~~。

今回は桂木さん食べ物を吐かなかったなぁ。
やはり氷柱に教えてもらったお茶効果でしょうか。


来週は神志名の過去話も絡んでくるようですね。
どうアレンジしてくるか楽しみかも

でもやっぱり、何度見ても神志名・・・哀川翔さんはキツイ・・・
とくにアノ金属的な声がキツイ。
笑わないで欲しい・・・・

2006年 05月 11日 (木) 23:25 | 編集
ようやく外科医として働いてくれました、加藤助教授。
なかなかの腕前のようです。
あんまりにも彼女の手術シーンが無いため、もしかして腕は悪いんじゃないかと懸念しておりましたが、取り越し苦労で終わりましたね。

今回のお話は、加藤晶の現在過去未来♪とバチスタ手術(第一回目?)へのプレリュードでした。

伊集院はERでがんがんしごかれているようですね~。
加藤から合格サインを貰っちゃいました。
可愛いばっかりじゃなくなりました。
木原先輩の厭味も怯えず流すだけでなく、カウンターまで喰らわすようになりました。
なんだか逞しくなっております(成長にほろり)。

てか、日本の外科医、てそんな経験不足ばっかで大丈夫なんでしょうか?
話の内容よりもその数字の方が気になる今日この頃。
もし自分が手術するような事態になったら・・・たぶん、物凄く疑いの目で外科医を見てしまうかもしれない。


自称「悪魔に魂を売ってでも教授の椅子が欲しい女」加藤も昔は人間味あふれる、患者思いの外科医だったのですね・・・(最初からあんなんだと人間的にどうかと思うけどさ)。
上を見すぎて自分のことが見えなくなってきたことに気がついた様子。
彼女は腐った医局を改革するために頂点に立ちたかった。
それなのに、自分が腐っていた。
論文のために患者を切り捨てていた。
これからは論文も患者もとる。
良い意味での貪欲さに目覚ました。

「もう(魂の)安売りはしないわ」
てことは八年間、特売品だったのですね、彼女の魂は。
かっこいい台詞のようなよく考えたら悲しいような。

ていうかね、霧島とくっついている限り、何やっても成功しないと思うんだけどな。
変に詰めの甘い感がするなぁ。
自ら敵に情報を流しまくっていることに早く気づいて欲しい。

今週の荒瀬
自称百万の男。
サラリーマンなので、百万積まれても上司である鬼頭教授の許可がないと手術に参加できないと思う・・・とかいう突っ込みは最早無し?
相変わらず透明な存在感です。

今週の鬼頭教授
女王様、健在。
バチスタ失敗の宣告をどうどうとなさっております。
バーでのシーン・・・ほんとにカッコいい。

今週の朝田
今週もやってました。
謎のイメトレ・・・ぜったい変だって。
苦情来るって。
どうせやるなら手術衣を着てやってよ。
そういや、今回手術シーン無かった?

今週の藤吉先生
どんどん朝田と仲良しになってますね♪
彼が一番真面目に仕事しているように見えて仕方ありません。

今週の霧島
またなにやら裏で画策しておりますね。
なんだか日本で始めてのバチスタ手術成功は彼がやりそうな気がします。
てか、成功の順番を競う、というのは、ホントに不謹慎だなぁ。

今週の奈良橋くん
怪我で運ばれてきたときはこれきりかと思いきや、話にめっちゃ絡んでいてびっくり。
ようやく親孝行に目覚めた不良くんでした。
ほんとはとってもやさしい、繊細な男の子のようです。
無理に悪ぶりやがってこの~(謎)
でもねぇ・・・看護師を親に持つ子供の気持ちは痛いほどよくわかるんだよね~。
わたしもそうだし。
かといって、わたしはやさぐれやしませんでしたけどね。
彼のために(ぶっちゃけ加藤の論文はどうでもいいし)、バチスタが成功して欲しいところなんですが・・・

さてさて、来週はついにバチスタ本番なんですが・・・荒瀬も加わらず・・・どうも失敗の様相を呈しておりますな。
霧島も謎の記者会見で微笑んでおりますし。
さてどうなることやら。
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。