毎日懲りずに時間もお金も無駄遣い  最近妄想がやたらとはみ出し過ぎ
山葵の無駄遣い日記
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 08月 03日 (木) 23:14 | 編集
不細工も不器用もあんたの個性でしょうが!
だったらその個性を全うしなさいよ!!


かなり乱暴だけどすごく優しい言葉。
自分を肯定するって結構難しいんだよねぇ・・・としみじみとみてみたり。

今回もゆいかは暴走中。

白いフェレットの名前が「ノロイ」なのには、大喜び。
「ノロイ」・・・・・・・数多くの子供たちを恐怖のどん底に陥れた白いイタチ・・・
変なトコでヒートアップしてしまいました。
なんつうか、また見たいよ、冒険者たち。

今回のお話はお約束といえばお約束。
サンボが母に嘘の手紙を書いた結果、振り回されてしまう。
特にゆいかは『現役女子大生』の恋人となっていた。
ぶつくさ文句を言いながらみんなサンボのために一生懸命。
イイ仲間だぁねぇ・・・。
更にお約束で、お母さんにはばれてましたけどね。

お話もどんどん動き始めましたね。
ゆいかの祖父の正体は?
下馬さんは?
牛乳おじさんは?

毎回気になるんだけど・・・・・・ゆいかの同級生のふたり、どう見たって、大学一年生には見えない・・・・。
あの爆笑が実は楽しみだったりして。
スポンサーサイト
2006年 07月 20日 (木) 23:03 | 編集
なんだかごちゃごちゃしてますが、かなり好きです。

派手な笑いはありませんが(わたし的に)、ぷっと笑いどころ満載というか・・・。

前髪を切った上戸彩ちゃん、かわいい~~~~。
影のある彼女もきりりとしてますが、とぼけた感じが好みです。
真面目な不思議ちゃん、大好物です、個人的に。

なんというか、演劇物といえば「ガラスの仮面」を思い出してしまうんですが・・・あれとはまた別次元なような同次元のような、そんなファンタジーでございますな。
いろんな意味で有り得ない展開とか。

わたくし、観劇というものはほとんどしたことが無いので、実際どうなのかわかりかねますが、ああいう、シュールな演劇ってやっぱあるのかなぁ、と思ってみたり。
そういや、昔、妹の高校の演劇部の舞台を見たときも踊りがあったな、なんてぼんやり思い出しましたが、そういうもん?

こうごちゃごちゃした雰囲気が、すごくいいです。
出ている人も役者さん、芸人さん等入り混じっていて。
下手に画面がきらきら(お洒落な美形のオンパレード)してなくて見易いというか。

ていうか、あのロハスハウス・・・気になりますね!
キノコ成長してますもんね。
うわ~、これはアレ? 松本零士氏のサルマタケのリスペクトか!?
とか、ちょっと思ってしまいましたが。
しかもイカニモ作り物で~す、なビジュアルもいいですな、グッジョブ!


蔵之介さん・・・医龍での生真面目で包容力のあるパパから一転、なんだか非常に胡散臭い、脚本家?(ていうの?)で劇団主催者。
いい味出てます。

佐田真由美さんもエキゾチック炸裂で、姉御の香がしてきますね~。

さてさて、ゆいかは下北沢の劇団員生活を始めたわけですが・・・異文化コミュニケーションゆえ、いろいろ大変。
初めてのことばかり。
公演の日もやってきて、黒子に徹するゆいかだが、失敗続きで舞台をすちゃめちゃにしてしまう・・・
だが、それが返ってメリハリを生み、カーテンコールを巻き起こす。
さらに、牛乳おじさんから珈琲牛乳まで!!

今回何がツボだったかといえば、狭いグループの中の恋愛ドロドロとっかえひっかえに、あの「△バリーヒルズ高校白■」が例として出されていて、爆笑。
いや、わたしも思ってたよ、昔・・・実はすげえドロドロなドラマだって・・・かなりハマって見てたからねぇ。

そして本格的に下北沢にハマったゆいかは、とうとう下北沢に引っ越して来ちゃいました。

来週もどうなることやら。

にしても、ああいう小さな劇団の公演見てみたくなりました。
実際どんなんでしょうねぇ???

下北沢にも行ってみたいなぁ。

などと田舎者を実感しちゃいました。
2006年 07月 13日 (木) 22:45 | 編集
公式ページ

堤氏の演出、石田衣良さんの原作、ということでかなり期待してました。

まず、このドラマ、かなり好きです。

主人公のゆいかのテンションの低さが好きかも。

「下北サンデーズ」の面々もとても個性的。
替え玉だけを食べにラーメン屋に通ったり、主食はパンの耳だったり、銭金のニオイがぷんぷんで楽しい。
明るい貧乏さん、大好き(もちろん、悲哀もあり)。

役者さんも好みの人がたくさん出てて、画面がいつも楽しいです。

なんかね、画面中が胡散臭いの!!
いい具合に。
胡散臭いの大好きですから、わたしってば。

佐々木蔵之助さん大好き~~~!
医龍の次は下北~かぁぁ。
出ずっぱりですね。


出ずっぱりといえば、古田新太さんも。
日舞のお師匠さんという設定なのかしら。
ちょっとした仕草が艶めいてて、流石だなぁ・・・と感心しちゃったり。
なんかあの人がいるとうきうきするね。
なんかやってくれそうで。

出ずっぱりといえば主人公役の上戸彩ちゃんもヒロインで連続ってのはすごいなぁ。
彼女をまともに見たのは初めてなので、なんなんですが、かなり、この役に関しては、好きです。
トリックの仲間由紀江ちゃんみたいな当たり役になってしまったりして。
堤さんだし。

て、ことで来週も期待!
copyright (C) 山葵の無駄遣い日記 all rights reserved.
designed by polepole...
Material by ARCHIMIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。